スズミチのぶろぐ。。。

忙しい人へ。できるだけ短くまとめたゲーミングデバイス、ボードゲーム、ゲーム、ガジェット、音楽機材関係などのレビューブログです。好きなものをみんなと共有できたらうれしいです。

スズミチのぶろぐ。。。

【SteelSeries Rival 650 Wirelessのレビュー】おすすめ、安定感抜群。大きいワイヤレスゲーミングマウスはどう?

スズミチです。

皆様いかがお過ごしでしょうか。

 

今回は2019年1月31日に
SteelSeriesから発売されたRival 650 Wireless

 
Rival 650 Wirelessを使用したので

そのレビューをしていきたいと思います。  

 

 

 

Rival 650 Wirelessについて 

Rival 650 WirelessとはSteelSeriesから

2019年1月31日に発売された

ゲーミングマウスになります。

 

このマウスはワイヤレスも有線

どちらも対応しているマウスです。

 

スペック

f:id:suzumichi:20210513230943p:plain

 

マウスの持ち方について

マウスと一口に言っても

大きいもの小さいものとあって

どれを選んだら…と思うはずです。

マウスには一般的には3つ持ち方があります。

簡単に説明と相性のいいタイプを記載します。

①かぶせ持ち(手全体でマウスをかぶせる)

→大きめのマウスと相性がいいです。

 

②つかみ持ち(かぶせ持ちから指を立す)

→指の自由度が高いから

   オールラウンドにいける。

 

③つまみ持ち(指先だけでマウス操作)

→小さい小回りの利く

   マウスと相性がいいです。

 

基本的には上記のどれかの

タイプになりますので

自分の持ち方に合っている

マウスを選択するのが

いいマウスと出会える秘訣です(笑)

今回のRival 650 Wireless

①かぶせ持ちになると思います。

 

自分なりの感想を述べますが

このあたりも考慮して

みてもらえると嬉しいです。

 

SteelSeries Rival 650 Wirelessの開封と外観 

↓外観です。

f:id:suzumichi:20210513231716j:plain

 ↓ウラ面です。  

…1年の保証付きでした。

f:id:suzumichi:20210513231748j:plain

↓中身はこんな感じです。 

f:id:suzumichi:20210513231837j:plain

 内容物

・マウス本体

・ワイヤレス受信機

・USB転送&充電ケーブル

 (microUSB Type-B / USB Type A)

・延長ケーブルアダプタ

・ウエイト(4g×8ヶ)とケース

・説明書

 

設置をしてみた

f:id:suzumichi:20210513234933j:plain

↑設置をしたところこんな感じです。

 

左右のサイドパネルを外した空いている箇所に

ウエイト(4g)を入れ重心、重量調整可能

※256パターンだそうです。

f:id:suzumichi:20210513235043j:plain

f:id:suzumichi:20210513235050j:plain

 

 ↓USBの差込みをして有線タイプとして使用可能。

f:id:suzumichi:20210513235219j:plain

 

SteelSeriesの専用ソフトウェア「Engine 3」を使ってみた

専用ソフトをインストールすると

キーボードの光り方や、

ボタンの割り当てなど可能です。

  

↓光り方をカスタマイズできる。

f:id:suzumichi:20210513235425p:plain

f:id:suzumichi:20210513235441j:plain



↓ボタンカスタマイズ画面

f:id:suzumichi:20210513235536p:plain

↓結構色々なことができます。

f:id:suzumichi:20210513235611p:plain

↓マクロ設定可能。

※写真はコピーのショートカットの

   割り当てをしているところ。

f:id:suzumichi:20210513235644p:plain

↓なんか細かく移動やキーなど割り当て可能なので

 ゲームの内容などで

 割り当てができると思います。

(僕はまだ試してないので、

   やられている方教えてください(笑))

f:id:suzumichi:20210513235748p:plain

文章もイケました。

f:id:suzumichi:20210513235901p:plain

そして感想

使ってみた感想としては

マウスの大きさとしては

かなり大きいと思います。

 

使い勝手が荒めに使う僕としては大きさもあり

かなりの安定感なんで使いやすかったです。

さらに重さも調整できるので

初期よりさらに重くしたい場合は

重りを装備していい感じにDPIとか調整をすれば

なかなか使いやすいと思います!

そこは個人のやりやすいように♪♪

 

手を大きい人とか使いやすいんですが

感覚的に「じゃんけんのパー気味の格好」に

なるので、そこまで手を開きたくない人は

もう1周り小さいのがいいかと。

大きさ的にはRazer Bsslisk Ultimateとか

G502より一回り大きいイメージです。

 

安定感はいいのですが

僕は若干手が小さめなので

サイドボタンがもう少し大きい方が

ありがたかったです

……とは言えメーカー側の

誤操作防止など考えての設計だと思うので

要は慣れの問題かなと思います。

…慣れていない僕ですいません。。。

使っていけば慣れると思いますよ!

 

またSteelSeriesのEngineを使いましたが

スクロールアップ、ダウンにも

割り当てが使えるは面白いし

マクロエディターとかで好みの設定ができるので

自分がやるゲームに合わせてみても面白い。

ゲームや日常使いに合わせて

マウスの割り当ての保存もできました。

 

まとめ-スズミチ切り!- 

タイトルにも書きましたが

Rival 650 Wirelessは安定感抜群です。

荒っぽくマウス動かすタイプの人は

オススメです!

マウスのサイドも取り外しもできて

なんかロボットのようなマウスで

カスタマイズ性も高く面白かったです。

 

また、なにかあれば追記したいなと思います。

ひとまずレビュー終わり!