スズミチのぶろぐ。。。|ゲーミングデバイス、ガジェットなどのレビュー

忙しい人へ。できるだけ短くまとめたゲーミングデバイス、ボードゲーム、ゲーム、ガジェット、音楽機材関係などのレビューブログです。好きなものをみんなと共有できたらうれしいです。

スズミチのぶろぐ。。。

 

★セール情報★

Amazonタイムセール祭り

9月24日(土)9:00~9月27日(火)

■セール予想■

楽天お買い物マラソン

10月4日(火)~10月11日(火)

 

【M-AUDIO KEYSTATION 49 MK3のレビュー】鍵盤のキー変更もできるコスパのいいMIDI Keyboard。CubaseなどDTMで使えるキーボードです!

スズミチです。

皆様いかがお過ごしでしょうか。

 

今回は2018年8月11日にM-AUDIOから

発売されたKEYSTATION 49 MK3

各メーカーからMIDIキーボードが

発売される中、メーカーもので

圧倒的コスパの本製品

そんなMIDIキーボードを購入してみたので

レビューしていきたいと思います。

先に結論!

・静音性が高いので夜の作業にも向いている

・シンプル設計だがちょっとした機能が使える!

→鍵盤のキー変更やオクターブ変更などが可能!

 …だが使い方に慣れが必要です!

・キータッチは軽め(鍵盤はライトウエイト)

ざっくりと先に結論を書きましたが

詳細は下記目次の、

「感想とまとめ」に記載しています!

 

 

M-AUDIO KEYSTATION 49 MK3 について 


KEYSTAATIONとはM-AUDIOから

2018年8月11日に発売された

MIDIキーボードになります。

M-AUDIOのKEYSTAATIONには

32キー / 49キー / 61キー / 88キー の

4タイプがラインナップされています。

そして、その4種類の中で

32、49キーの鍵盤はライトウェイト

61、88の鍵盤はセミウェイト

と鍵盤のタイプが分かれていますので、

鍵盤の好みや自分が制作するための

必要な鍵盤数テーブルのスペースを

含めながら選択してみてください。

↓↓↓↓

f:id:suzumichi:20211223232510p:plain

ちなみに僕はコスパ的、スペース的に

49キーのタイプを選びました。

 

そして個人的に一番重視したのは

鍵盤のキー変更ができること!

ピアノ慣れしている人には

正直いらない機能ですが、

鍵盤慣れしていないけど

色々なキーの曲を自分で弾きたい人には

コスパ最強のMIDIキーボードです!!

スペック

f:id:suzumichi:20210504225007p:plain

M-AUDIO KEYSTATION 49 MK3 の開封と外観 

↓外観です。

f:id:suzumichi:20210504215053j:plain

↓中身はこんな感じです。 

f:id:suzumichi:20210504215220j:plain

内容物

・MIDIキーボード本体

・コード1本

・説明書

(Ableton Live Liteのダウンロードなどできる用紙もあり)

 

設置をしてみた

僕はCubaseを使用しておりますが

デバイス設定をしたら簡単に接続ができ

問題なく使用できました。

f:id:suzumichi:20210504215352j:plain

↑設置をしたところこんな感じです。

 作業スペース的に49キーのサイズが

 ちょうどよかったです。

※テーブルは120cm×80cm

 

キーボードのタッチ感としては軽めで

結構夜中の作業になることも多く

静音性も気にしていたのですが

キー入力の音も静かで使いやすいです!

  

上記の写真のように設置しましたが

文字入力の方のキーボードのケーブルを

MIDIキーボードが踏んでしまったので

MIDIキーボードの両サイドに

本を入れて段差を作り

PCキーボードのケーブルを

下からを通せるようにしました

(キーボードの置き方は色々あると思いますので

 ご自身で工夫してみてください)

 

↓左前に電源を入れるためのUSB差込口

↓サスティーンペダル接続ジャックがある

f:id:suzumichi:20211223224926j:plain

↑一番右には電源スイッチがあります。

↑鍵Kはサポートや修理の時に使うもの。

 

↓キーボード左側のスイッチ類

f:id:suzumichi:20211223225335j:plain

↑PITCHを触るとビブラートみたいな

  効果を使うことができます。

↑MODULATIONでエフェクトの

 強弱など変更できたりします。

 

↓鍵盤部分にオクターブやキー変更ができる

※キー変更のやり方

 上記左のADVANCEDを押してTRANSPOSEの

 +やーでキー変更をして一番右の鍵盤を押すと

 設定完了でキーを変えられます!

(しっかりDAWソフトでもキーが変わっていました!)

※Cubaseで試しました。

f:id:suzumichi:20211223225711p:plain

↑MIDIキーボード背面。

  

他社と比較をしよう 

 

f:id:suzumichi:20210504230943p:plain

同じ49鍵の3社を比較してみました。

KORGの49鍵も近しいですが

 ワイヤレスタイプであり、機能が

 よりシンプルなので比較は除外しました。

 

値段が上がれば機能が増えていきます…。

KOMPLETE KONTROL

ツマミが多くて機能が多いですが高い…。 

 

ペダル

別売り購入でM-AUDIO製品

SP-2というフットペダルがあります。

MIDIキーボードなどに接続が可能

音を出した時に踏むと

サスティーンが得られます。

(音を伸ばすことができます)

f:id:suzumichi:20211010152739j:plain

↓キーボードに差すジャック

↓極性の切り替えスイッチ

f:id:suzumichi:20211010152755p:plain

↑ペダルの高さ

極性

ペダルで注意をしたいことといえば極性

ざっくり言うと

ペダルを踏んだ時に音が伸びるか

ペダルを離した時に音が伸びるかの違い。

ペダルによってタイプが違うので

自身の使っているキーボードのタイプが

確認してペダルを選んでみてください。

※今回紹介のMIDIキーボードは踏んだら伸びるタイプ

※今回紹介したSP-2を含めスイッチで

 2パターン切替ができるものもあります。

主なペダル

ざっくり他社のペダルも まとめます。

■サスティンペダル

KORG DS-1H

CASIO SP-20

■ダンパーペダル

YAMAHA FC4A

ROLAND DP-10

 

※ペダルの違い

基本的な考え方は同じです。

■ダンパーペダル

 ピアノの一番右のペダルを踏むのと同じ。

 音が伸びるペダルの機能

■サスティンペダル

 ダンパーペダルの機能を、

 シンセなどの機器で再現するペダル

※あくまで再現なので違いはあるが機能面は同じ。

→その他にエクステンションペダルというものが

 ありますが主には押したり、押し戻したりして

 ボリューム調整等を行うペダルでなので

 サスティンとは違う機能です。

 

感想とまとめ-スズミチ切り!- 

よかった!

・コスパがいい

・この価格でオクターブ変更や

 キー変更などができるのは魅力的!

・キータッチ軽め(個人的には好き)

・静音性が高かった

少し思うところ

・キー変更など機能を使うのにコツがいる

・PCキーボード(有線)とMIDIキーボードを併用すると

 PCキーボードのケーブルを通すのに知恵が必要

M-AUDIOのKEYSTATION

コスト的に苦肉の策で購入したものですが

使ってみたらいいMIDIキーボードでした!

個人的に鍵盤のキー変更をかけられたり

オクターブ調整ができるのがいいです!

※他の機能は公式サイトのマニュアルにて

 

上の項目で簡単に説明しましたが

慣れればなんてことはないのですが、

キー変更など機能を使う場合、

使うのにコツ入りますので

使う方は慣れてください(笑)

 

 

また購入前から悩んでいたものですが

ツマミがないのでDAWソフトの作業時、

PCのマウスとかで細かい音色や

設定など操作をするので若干面倒です。

コスト的に余力があるなら上記で紹介した

Roland A-49NATIVE INSTRUMENTSの方が

機能的には上回っているのでオススメですが

人によってはKOMPLETE KONTROLにすると

持て余す可能性があるのでご自身の

使用環境に応じて選んでみてください。

(僕はDTMライトユーザーなので

 KEYSTATIONで満足です)

 

M-AUDIOのKEYSTATION

他2社のMIDIキーボードと比べ

約1万円も安く購入できると考えれば

コストパフォーマンスとしては高いです。

僕は数か月使用しましたが現在も

特に不満はないので

引き続き使用していきたいです!

 

またなにかあれば追記したいなと思います。

ひとまずレビュー終わり!

 

 

 

 

 

音楽制作をするならBTOパソコンで

カスタマイズしてよりよい環境を!


コスパに徹底的にこだわる方に選ばれています。パソコン買うならBTOの【FRONTIER】