スズミチのぶろぐ。。。|ゲーミングデバイス、ガジェットなどのレビュー

忙しい人へ。できるだけ短くまとめたゲーミングデバイス、ボードゲーム、ゲーム、ガジェット、音楽機材関係などのレビューブログです。好きなものをみんなと共有できたらうれしいです。

スズミチのぶろぐ。。。

 

◇セール予想◇

Amazonタイムセール

12月中旬

★セール情報★

楽天スーパーセール

12/4(日)20:00~12/11(日)01:59

 

【ROCCAT KONE XPのレビュー】斬新に光る有線ゲーミングマウス。見た目重視で選ぶ人にオススメ【ロキャット コーン ブラック】

皆様いかがお過ごしでしょうか。

僕は100種類以上のゲーミングデバイスや

ガジェット関係を使用して 

レビューしているスズミチと申します。

 

今回は2022年4月22日

ROCCAT(ロキャット)から発売された

KONE XPを使用したので

そのレビューをしていきたいと思います。

 

 

 

ネット回線をよくするならNURO回線がオススメ!

NURO回線網の2Gbps!最大85000円還元【光マッハ】

ROCCAT KONE XPについて 

KONE XPとはROCCAT(ロキャット)から

2022年4月22日に発売された

有線接続のゲーミングマウスになります。

 

主な特長は下記の通りになります。

①持ちやすく、多ボタンマウス

人間工学に基いて

人の手にフィットするように設計された

マウスで快適に使用することができます。

またマウスホイールの左右スイッチも含め

15ボタン付いていて

専用ソフトのROCCAT SWARMを使えば

自分の好みのコマンドを割り当てたり、

Easy-Shift[+]という機能で

最大29ボタン割り当て設定を

することができて便利です。

②タイタンオプティカルスイッチ

KONE XPには正確性かつ高速動作が可能な

メカニカルスイッチと

光学式センサーが入っていて

安定した動作を実現しています。

また1億回の耐クリック性能で

品質面も高いです。

③鮮やかなライティング

半透明なボディに合計8ゾーン

ライティング設定が可能なので

自分好みの光り方を

設定することができます。

④絡まりにくく動かしやすいケーブル

PhantomFlexケーブルという

絡まりにくく、滑らかなに動作するので

有線接続ではありますが、

ワイヤレスに近いような動きが可能です。

⑤カラーバリエーション

カラーはブラックとホワイトの

2種類ラインナップされています。

 

その他、気になることがあれば

メーカーサイトを見てみてください。

Kone XP  | Roccat メーカーサイト

スペック 

マウスの持ち方について

マウスと一口に言っても

大きいもの小さいものとあって

どれを選んだら…と思うはずです。

マウスには一般的には3つ持ち方があり

簡単に説明と相性のいいタイプを記載します

①かぶせ持ち(手全体でマウスをかぶせる)

→大きめのマウスと相性がいいです。

②つかみ持ち(かぶせ持ちから指を立す)

→指の自由度が高いからオールラウンドにいける。

③つまみ持ち(指先だけでマウス操作)

→小さい小回りの利くマウスと相性がいいです。

 

基本的には上記のどれかの

タイプになりますので

自分の持ち方に合っている

マウスを選択するのが

いいマウスと出会える秘訣です(笑)

 

今回のROCCAT KONE XP

①かぶせ持ち②つかみ持ちの

あたりになるかなと思います。

若干大きめでボタン数が多いので

③つまみ持ちの人には

不向きかもしれません。

 

これから自分なりの感想を述べますが

このあたりも考慮して

みてもらえると嬉しいです。

ROCCAT KONE XPの開封と外観 

↓外観です。

↓ウラ面です。  

↓中身はこんな感じです。 

内容物

・マウス本体 約1.8m

 ※ケーブル取り外し不可 - USB Type A

・交換用マウスソール

・説明書

外観

ボタン数は15ボタンあり、

専用ソフトにて設定をすれば

最大29ボタン割り当て設定が可能です。↓

↓マウス各アングル

マウス底面にもスイッチが付いていて

  使いやすいです!

↓マウス裏側。

重量を測ったら103gでした。

ROCCAT SWARMを使ってみた

専用ソフトをインストールすると

マウスの光り方や、動きの調整

ボタンカスタマイズなど可能です。


  
↓光り方をカスタマイズできる。

ライティングは8ゾーンから設定可能

↑↓上記設定をして光らせてみた。

↑ライン上に各色綺麗に光ります!

↓ボタンカスタマイズ画面

Easy-Shift[+]の機能を使えば

  最大29ボタン割り当てが可能です。

※15ボタンのうち1つをEasy-Shift[+]として

 押してる間だけ別の割り当て設定が可能。

 

↓マクロ設定で自分好みの割り当ても可能。

↓DPI設定やスクロール設定など可能。

※DPI設定:マウスを動かした時どれぐらい動くか

↓その他ポーリングレートなどの設定も可能

感想-スズミチ切り!- 

よかった!

・ライティングが鮮やかに光り見た目がいい

・手にフィットして

 かぶせ持ち、つかみ持ちの人にオススメ

・ボタン数が多く、手に触れた感じで

 どのボタンを押すかわかりやすい

・サイドボタン底のボタンが絶妙に押すやすい!

少し思うところ

・クリックなどのスイッチが押した感じ

 若干重みがあり人によっては

 ワンテンポ反応が遅れるようなイメージ

ROCCAT KONE XPの感想は上記の通り。 

使いごごち

マウスを持った感じ、

親指部分がへこんだような形状なので

手にフィットして操作がしやすかったです。

少し大きめでボタン数が多いので

かぶせ持ち、つかみ持ちの人に

オススメになると感じました。

 

またボタンにも工夫がされていて

サイドボタンが2段となっていますが

上下で高さが違うので使用時に触れただけで

どのボタンを押すのか認識しやすく

サイドボタン底にもスイッチがあるので

親指を大きく動かさず

ボタンを押すことができたので

非常に使いやすかったです。

 

また少し思うこととしては

前にレビューをしたKONE Pro同様に

クリックなどのスイッチが押した感じ

若干ですが重みがあり、人によっては

ワンテンポ入力が遅れるような感じです。

(慣れの問題だと思いますが…)

マウスホイールに関しては

普通~若干抵抗があるような操作性でした。

(マウスホイール左右も動くためと思われる)

 

もう1点はケーブル。

有線接続上、仕方ないことではあるのですが

前に動かした時上に上げた時

若干ですが抵抗を感じます

(とはいえ、他モデルの有線ケーブルより

 スムーズに動いてくれるので使いやすいですが)

ボタン数

全部で15ボタンあり、ROCCATの機能で

Easy-Shift[+]を使えば最大で29ボタン

自分好みに割り当てすることができ

MMOやMOBA等のゲームに限らず、

日常使いでショートカットコマンドを

多く使う人にもオススメできるマウスです。

ライティングと専用ソフト

ライティングに関しては

半透明のマウス表面から鮮やかに光り

専用ソフト内にて8ゾーンから

自分好みのカラーを割り当てでき

見た目がカッコよく

テンションが上がります!

 

また専用ソフト内では

DPI設定やポーリングレートの他、

マウス操作に関して

細かく設定ができるので操作を

細かく行いたい人にはオススメです。

まとめ

鮮やかに光り、

見ためもカッコいいマウスですが

機能としても割り当ても多くできたりなど

便利なマウスでした!

個人的には前に動かした時など

有線ケーブル特有の抵抗を少し感じるので

ワイヤレスであれば

より使いごごちが上がるかな…

と思いました。

 

また、なにかあれば追記します!

ひとまずレビュー終わり!