スズミチのぶろぐ。。。|ゲーミングデバイス、ガジェットなどのレビュー

忙しい人へ。できるだけ短くまとめたゲーミングデバイス、ボードゲーム、ゲーム、ガジェット、音楽機材関係などのレビューブログです。好きなものをみんなと共有できたらうれしいです。

スズミチのぶろぐ。。。

 

★セール情報★

Amazonタイムセール祭り

9月24日(土)9:00~9月27日(火)

■セール予想■

楽天お買い物マラソン

10月4日(火)~10月11日(火)

 

【Steel Series Apex 3 TKL 日本語配列のレビュー】静音性が非常に高いメンブレンタイプのゲーミングキーボード。オシャレに光ります。JP

皆様いかがお過ごしでしょうか。

僕は100種類以上のゲーミングデバイスや

ガジェット関係を使用して 

レビューしているスズミチと申します。

 

今回は2021年12月10日

Steel Seriesから発売されたApex 3 TKL

Apex 3 TKLの日本語配列を使用したので

そのレビューをしていきたいと思います。

先に結論!

・メンブレンキーボードで

 静音性が高くキーが軽めで押しやすい

・メディアコントロールが便利だが

 Print Screenボタンなどがない

・ライティングがオシャレだが

 8ゾーンしかカラー設定ができない。

・キーボード背面に

 ケーブルを通す箇所が3か所あり便利

先に結論を書きました。

詳細は下記目次の感想に記載しています。

  

 

 

Steel Series Apex 3 TKLについて 

Apex 3 TKLとはSteel Seriesから

2021年12月10日に発売された

メンブレンタイプのテンキーレス

ゲーミングキーボードになります。

今回紹介するのは日本語配列モデルですが

英語配列モデルも販売されていますので

自分の好みで選ぶこともできます!

 

■キースイッチの違いについて

※ばんか様のサイトにて説明がありますので

 リンクを貼っておきます。

 

主な特長としては下記の通り。

①静音ゲーミングスイッチ

高耐久性低摩擦素材でデザインされていて

2,000万回以上の静かなキープレス

深夜の作業などでも静かに作業できます。

②防水機能・高耐久

IP32の防塵・耐水保護等級で水滴や塵の

侵入による破損を防ぎます。

③専用マルチメディアコントロール

クリック可能なボリュームローラー

メディアキーがあり音量調整が可能

明るさ調整、巻き戻し、スキップ、

一時停止などを行うボタンもあります。

④専用ソフトで割り当て設定

専用ソフトを使うことにより

キーボードのスイッチ

好みの機能や割り当て設定が可能です。

またライティング機能もあり

8ゾーン(1,680万色)からキーボードを

好みのカラーに光らせることができます

⑤3方向のケーブル配線処理

キーボード裏面にケーブルを通せる

くぼみがあり、自分のデスクの

レイアウトによって3か所から

ケーブルを通すことが可能です。 

スペック 

f:id:suzumichi:20220213232639p:plain

Steel Series Apex 3 TKLの開封と外観 

↓外観です。

f:id:suzumichi:20220213233052j:plain

↓ウラ面です。  

f:id:suzumichi:20220213233109j:plain

↓中身はこんな感じです。 

f:id:suzumichi:20220213233201j:plain

内容物

・キーボード本体

・説明書

見てみた

↓キーボード表面。

f:id:suzumichi:20220213233437j:plain

↓キーボード裏面

f:id:suzumichi:20220213233505j:plain

ケーブルを3か所から通せます

音量調整のスライダー

  メニューボタンが付いています。

f:id:suzumichi:20220213233817j:plain

↑その代わりPrint Screenボタン

 スクロールアップなどのボタンがない。

 

角度調整は2段階。

f:id:suzumichi:20220213233756p:plain

重量を測ったら625gでした。

f:id:suzumichi:20220213233844j:plain

↓設置したら鮮やかに光ります。

f:id:suzumichi:20220213234014j:plain

↑フレーム全体が光るようなイメージです。

SteelSeries Engineを使ってみた

専用ソフトをインストールすると

キーボードの光り方や、

ボタンカスタマイズなど可能です。

f:id:suzumichi:20220213234037p:plain

↓光り方をカスタマイズできる。

f:id:suzumichi:20220213234059p:plain

ライティングは8ゾーンから設定可能

↓ボタンカスタマイズ画面

f:id:suzumichi:20220213235805p:plain

Steel Seriesマーク以外は割り当て可能

↓ボタンの割り当てや機能の割り当てが可能。

f:id:suzumichi:20220213234214p:plain

↓マクロ設定で自分の好きなキーの

  割り当て設定が細かく可能です。

f:id:suzumichi:20220213234248p:plain

↓キーボード領域も各国選べます。

f:id:suzumichi:20220213234116p:plain

感想-スズミチ切り!- 

よかった!

・静音性が高く、深夜のPC入力や

 ボイチャにも音が乗りにくくていい

・キーが軽めで押すやすく

 仕事など普段使いにも向いている

・専用マルチメディアコントロールが便利

・ライティングがすごくオシャレ

・キーボード背面に

 ケーブルを通す箇所が3か所ある

・IP32の防水機能

・専用ソフトでキーの割り当てができて便利

少し思うところ

・メカニカルキーボードと比べ

 人によっては押しごごちが弱く感じる。

・Print Screenボタンや

 スクロールアップなどのボタンがなく不便

Steel Series Apex 3 TKL感想は上記の通り

 

キー入力は静音性が高く

押しごごちは軽めで入力しやすいです。

入力音が静かなので深夜のPC入力や

ゲームでのボイスチャットでも

音を拾いにくいです。

また軽めに入力ができるので

仕事での使用もかなり向いています。

 

しかしながらゲーム用途として限定すれば

メンブレンキーボードとなり一般的な

ゲーミングキーボードに使われる種類の

メカニカル押しごごちの感度が違うので

人によっては打鍵感が弱く感じます。

(ゲーミングキーボードを

 使ったことがない人には全く問題ない話ですが(笑))

 

機能面も充実していてキーボード右上に

メディアコントロールが付いているので

音量調整やミュートなどの直観的に

すばやく使えるので便利でした。

その反面、その部分に本来あるはずの

Print Screenボタンや

スクロールアップなどのボタンがないので

普段使う人はキーボードの割り当て設定で

他のキーに割り当てるしかないため

Print Screenなどを使う人には不便です。

 

キーボード背面にはケーブルを

3か所から通せるので

自分のデスク配線に合わせて

ケーブルを通せるので

自由度があって使いやすかったです。

またIP32の防水機能なので

うっかり飲み物をこぼしても

問題ないぐらいの防水性能です。

 

またライティング

メンブレンキーボードの特徴を活かして

フレーム全体を光らせるようなイメージ

広範囲で綺麗に光り

使っていて気持ちいいです!

しかしながらキー個別に

好きなカラーを割り当てられず

8つのエリアのみでのカラー設定となるので

細かくキー配色をこだわりたい人には不向き。

  

まとめ

静音性が非常に高く、

軽いタッチで入力ができる

ゲーミングキーボードでした。

ゲーム用途ではありますが、

普段使いの仕事などで使う場合にも

使いやすいです。

しかしながら打鍵感、

押しごごちがほしい人には

少し物足りないかと思われます。
 

また、なにかあれば追記します!

ひとまずレビュー終わり! 

 

 

 

ネット回線をよくするならNURO回線がオススメ!

NURO回線網の2Gbps!最大85000円還元実施中【光マッハ】

 

音楽制作をするならBTOパソコンで

カスタマイズしてよりよい環境を!


コスパに徹底的にこだわる方に選ばれています。パソコン買うならBTOの【FRONTIER】