スズミチのぶろぐ。。。

忙しい人へ。できるだけ短くまとめたゲーミングデバイス、ボードゲーム、ゲーム、ガジェット、音楽機材関係などのレビューブログです。好きなものをみんなと共有できたらうれしいです。

スズミチのぶろぐ。。。

【Elgato STREAM DECK 15ボタンのレビュー】ワンタッチで作動するショートカットスイッチ。配信や音楽制作など。現在はmk.2が販売されているがスペックや使い方など。

スズミチです。

皆様いかがお過ごしでしょうか。

 

今回は2017年Elgatoから発売された

STREAM DECK

 
STREAM DECK(15ボタン)を使用したので

そのレビューをしていきたいと思います。

 

 

 

Elgato STREAM DECKについて 

STREAM DECKとはElgatoから

2017年に発売された

ショートカットスイッチになります。

 

ボードのあるスイッチに自分の好きな

コマンドやアプリやページの起動を

割り当てることができ

世界中のクリエイターの人が

使用しているアイテムです。

今回僕が紹介するのは15ボタンですが、

その他にも6ボタンや32ボタンもあり

自分の用途に合わせ選択することができます!

 

ちなみにElgato

現在ゲーミングデバイスメーカーの

Corsair傘下のブランドで(2018年より)

PC用のカメラやキャプチャーボードなどの

製品も販売しております。

 

■追記■

新しくSTREAM DECK MK.2が販売され始めました。

今回紹介するものとの違いは

・スタンドが箱型のような形状になった

・ケーブルの取り外しができるようになった

・別売りのフレームが着せ替え可能になった

…となっています。

www.elgato.com

 

スペック 

f:id:suzumichi:20211024132628p:plain

 

STREAM DECKの開封と外観 

↓外観です。

f:id:suzumichi:20211024132723j:plain

↓ウラ面です。  

f:id:suzumichi:20211024132729j:plain

↓中身はこんな感じです。 

f:id:suzumichi:20211024132749j:plain

内容物

・本体(本体取り外し不可-USB  Type A)

・スタンド

・説明書

 

↓外観。

f:id:suzumichi:20211024134504j:plain

↓表面と横から見た感じ。

f:id:suzumichi:20211024134718p:plain

↑上部と裏面。

(本体のケーブルは取り外し不可)

 

↓スタンド

f:id:suzumichi:20211024135114p:plain

↑スタンド裏面で高さ調整ができます。

↑ケーブルを通したりもできます。

 

↓高さ調整も色々できるので

 自分の用途にあった高さで設定できる。

f:id:suzumichi:20211024135355p:plain

 

↓重量を測ったところ158gでした。

↓スタンド付き重量は228gです。

f:id:suzumichi:20211024134438p:plain

 

設置をしてみた

↓設置してみたところこんな感じです。

f:id:suzumichi:20211024142937j:plain

↓スイッチ1つで押した内容が起動できます。

f:id:suzumichi:20211024143000j:plain 

STREAM DECKのアプリを使ってみた

専用ソフトインストールすると

ショートカットしたい内容の割り当て

自分好みにカスタマイズ可能です。

 

ElgatoのHPでソフトをダウンロード

※自分の使いたいソフトのOSを選択してダウンロード

f:id:suzumichi:20211024143015p:plain

↓ソフトを起動すると

 このような画面が出ます。

f:id:suzumichi:20211024143023p:plain

↓アプリなどをショートカットを

  登録してみました。

f:id:suzumichi:20211024151024j:plain

↓上記写真の設定した画面

f:id:suzumichi:20211024143101p:plain

簡単に黄色部分に説明を記載しました。

 

音楽ソフトのCubaseのプラグインを

 インストールするとコマンドの

  割り当てができたりします。

f:id:suzumichi:20211024143109p:plain

 

※sleep freaks様にてSTREAM DECK

 音楽絡みの設定の動画がありました。

www.youtube.com

 

ページ設定して複数階層に分けて

  ショートカットの割り当てができます。

f:id:suzumichi:20211024144609p:plain

↓フォルダを使えば「ページ」以外にも

  別の階層を複数設定することができます。

f:id:suzumichi:20211025225508p:plain

↓プラグインを選んで自分好みに

  アプリを入れてみてください。

f:id:suzumichi:20211024143212p:plain

↓スリープモードでスクリーンセーバーの

  設定ができ自分の好きな画像を選べます。

f:id:suzumichi:20211024151110p:plain

↓僕はイギリスの旅行写真を選んでみました。

f:id:suzumichi:20211024151126j:plain

 

感想-スズミチ切り!- 

 

よかった!

・配信のBGMやSEなどに使えたり

   音楽制作でのショートカットの割り当てなど

 使い方が広く持っていて損はない

トーク配信音楽配信などで

STREAM DECKを使って

SEやBGMを割り当てをして

手軽に流すことができるので

配信系に使うにはもってこいです!

それ以外にも

個人的に音楽制作に使用する時

よく使うコマンドや音の長さをいじる時の

コマンドなんかを覚えこませたり

楽曲制作でも使えたりするので

STREAM DECKは自分の用途に合わせて

幅広く使えるスイッチです。

 

ラインナップで6、15、32ボタンがあり

さらにアプリなんかも使えたりするので

自分の使いたい方法で選ぶことができます

 

少し思うところ

・仕様用途が明確にない人にとっては

 タダの無駄使いになる。

・誤爆する時がある(自分のせいではあるが)

しかしながら

ただ買えばいいわけではありません。

明確な使用用途がない人にとって

宝の持ち腐れなので

配信やゲームや音楽制作使うなど

普段の作業の効率化をしたいと思っている人に

オススメの機材だと思います。

 

あと個人的に話になりますが

慌ててパっと押すと

間違って隣のスイッチを押して

違うゲームなどが起動してしまうので(笑)

スイッチの押し込み加減なんかの

設定できたらさらにいいな…と思いました。

  

まとめ

普段の作業の効率化をしたい人にオススメ!

配信、ゲーム、音楽制作など

幅広く使えるので気になった方は

チェックしてみてください!

 

また、なにかあれば追記したいなと思います。

ひとまずレビュー終わり!