スズミチのぶろぐ。。。|ゲーミングデバイス、ガジェットなどのレビュー

忙しい人へ。できるだけ短くまとめたゲーミングデバイス、ボードゲーム、ゲーム、ガジェット、音楽機材関係などのレビューブログです。好きなものをみんなと共有できたらうれしいです。

スズミチのぶろぐ。。。

 

★セール情報★

Amazonタイムセール祭り

9月24日(土)9:00~9月27日(火)

■セール予想■

楽天お買い物マラソン

10月4日(火)~10月11日(火)

 

【Vaydeer 片手マクロメカニカルキーボードのレビュー】安く配信機材が欲しい人にオススメのショートカットスイッチ。BGMやSE,コマンドなどが割り当てできるアイテム

皆様いかがお過ごしでしょうか。

僕は100種類以上のゲーミングデバイスや

ガジェット関係を使用して 

レビューしているスズミチと申します。

 

今回は2021年3月頃Vaydeerから発売された

片手マクロメカニカルキーボードを使用し、

(One-Handed Macro Mechanical Keyboard)

そのレビューをしていきたいと思います。 

先に結論!

・安くショートカットキーを買いたい人にオススメ

・一通り無難に割り当てでき、大きな不満はない

・青軸のためクリック音がしてうるさい

・配信でBGMを使う時、音楽ファイルを開くと

 iTunesなどの音楽ソフトが立ち上がってしまう…

・たまにダウンロードが遅すぎてエラーになる

先にざっくり結論を書きました。

詳細は下記目次の感想に記載しています。

 

 

業務の効率化やPCでゲームをするなら

BTOパソコンでカスタマイズするのが

オススメです!


コスパに徹底的にこだわる方に選ばれています。パソコン買うならBTOの【FRONTIER】

 

 

Vaydeer 片手マクロメカニカルキーボードについて 

片手マクロメカニカルキーボードとは

Vaydeerから2021年3月頃に発売された

有線接続方式の

ショートカットキーになります。

 

このキーボードは

Vaydeerの専用ソフトを使用して

9つのメカニカルスイッチ(青軸)に

キーの割り当てや

好きなコマンドをマクロ設定できたり

対象のフォルダやソフトを

ダイレクトに開くことや

ワンタッチで指定の音楽を

再生することができるアイテムです!

そのため配信機材やゲームで使用することや

仕事上で良く使うコマンドやフォルダを

割り当てすれば業務の効率化もできます!

 

ちなみにVaydeerという会社

中国のシリコンバレーと言われている

深圳にオフィスを置く会社

自社工場を有しPCデスクやスタンドなどの

パソコンデバイスの販売を行っています。

(自社工場は中国深圳にあるか不明)

 

■Vaydeer公式サイト

スペック 

Vaydeer 片手マクロメカニカルキーボードの開封と外観 

↓外観です。

↓ウラ面です。  

↓中身はこんな感じです。 

内容物

・キーボード

・接続用ケーブル約1.55m(USB Type C-A)

・説明書

外観

外観をみてみましょう!

↓キーボード各アングル

底面には滑り止めが4か所付いています。

↓キーボード背面には接続用の

  USB Type Cの差込口があります。

メカニカルスイッチは青軸です。

重量を測ったら76gでした。

設置をしてみた

↓設置をしたところこんな感じです。

特に光ったりはしません。 

↓他のゲーミングデバイスと並べてみた。

↑マウス:SteelSeries Aerox 9 Wireles

↑キーボード:Fnatic miniSTREAK SPEED JP

↑サラウンドアンプ:SteelSeries GameDAC 

Vaydeer専用ソフトを使ってみた

専用ソフト

インストールするとキーボードの

ボタンカスタマイズが可能です。

またこのキーボードに割り当て設定を

保存ができるのでPCを変えても

専用ソフトがあれば

同様の設定がされています!

 

■ダウンロードページ

https://www.vaydeer.cn/download

Windowsもしくはmacのどちらかの

 Vaydeer keyboard Setup…を

 押せばダウンロードできますが、

 日によってめっちゃ遅く

 ソフトをダウンロードできず

 エラーになってしまいます…。

(もしダウンロードできない場合は

 時間や日を変えてトライをすれば

 ダウンロードが可能です。

 …僕も数日かかりました(笑))

 

↓PCに接続をしている状態で

 ソフトを開くと対象のキーボードが光る

↓ボタンカスタマイズ画面

キー入力やメディアキーの

  割り当てが可能

Webサイトのショートカットも可能

Directory

 指定フォルダを開く設定も可能です

マクロキーでゲーム内コマンドなど

  自分の好きなコマンドを設定可能

↓左上のレイヤーでプログラムを追加できる

↓↑Next layerとPrevious layerを設定すれば

  割り当ての1ページ目、2ページ目…と

  設定ができます。

↓設定を保存した後、

  画面右上のフラッシュキーボード

  押して内容を反映すれば使用可能です

STREAM DECKと並べてみた

同じショートカットスイッチの

STREAM DECKと並べてみました。

今回紹介のVaydeerの方がこじんまりしていて

取り回しはしやすい反面、

機能面はSTREAM DECKの方が高機能です。

ちなみに、STREAM DECKのいい面としては

・音楽ファイルを開いても

 音楽ソフトが開かず音だけ再生される。

・専用ソフト内のストア内でBGMやSE、

 プラグイン機能など自分好みに

 カスタマイズがしやすい。

・画像が表示され視覚的認識がしやすい。

とは言え価格面は

圧倒的にVaydeerの方が安いので

自分が使いたい機能が

そこまで多くなければVaydeerでも

充分だと感じます。

感想-スズミチ切り!- 

よかった!

・キーの割り当てやショートカットキーなど

 やりたいことは一通り行える

・コスパよく配信機材が購入できる

少し思うところ

・キースイッチが青軸のため

 クリック音がうるさい

・音楽ファイルを開くとiTunesなど

 音楽ソフトが開き音楽が再生されてしまう

・専用ソフトがダウンロードできない時がある

Vaydeer 片手マクロ

メカニカルキーボードの感想は上記の通り。

よかった

使ってみた感想をしては使用上は

普通のメカニカルキーボード青軸の感じ

特に可もなく不可もないものですが、

専用ソフトが使用でき

・ゲーム内のコマンドの割り当て

・ゲームやアプリを開く

・WebサイトやPCのフォルダを瞬時に開く

・音楽を再生する

…など基本的な動作は全て行えるので

充分使えるデバイスです!

使用用途としてゲームはもちろん

仕事での使うにしても使いやすく

いつも開くフォルダやソフトの

ショートカットに当てれば

業務の効率化もでき

便利なアイテムだと感じました。

 

また、通常他社で販売されている

このようなショートカットキーは

割と高額なのでVaydeerは

割安で購入できる点がかなりオススメです!

少し思う

しかしながら気になったところもあり

①キースイッチが青軸

メインの使用用途がゲームや仕事のため

そんなには気になりませんが、

配信機材目的と考えるなら

クリック音が鳴る青軸ではなく

静音の赤軸を採用するべきだったのでは…

と感じてます。

(コスト重視で青軸が選ばれたのかも…)

②音楽ファイルを開くと音楽ソフトが開く

これに関しては仕方ないのですが

キーにBGMを割り当てして開く

iTunesなどの音楽ファイルが開き

音楽が再生されるので配信機材としては

少し心もとない気がします…。

③専用ソフトがダウンロードできない

謎なのですが時間や日によって

ダウンロードが全然進まず

エラーになることがあります…。

僕もダウンロードまで数日かかりましたので

あくまで中華製の激安品…と考えた上で

購入してみてください(笑)  

まとめ

Vaydeer 片手マクロ

メカニカルキーボードを使用しました。

価格帯と機能面を考えると

充分に使用でき、僕自身も

仕事のショートカットキーとして

使用しています。

お金がないけど

配信とかゲームとかに使いたい人

仕事の効率化に使いたい人にオススメです! 

また、なにかあれば追記します!

ひとまずレビュー終わり!