スズミチのぶろぐ。。。|ゲーミングデバイス、ガジェットなどのレビュー

忙しい人へ。できるだけ短くまとめたゲーミングデバイス、ボードゲーム、ゲーム、ガジェット、音楽機材関係などのレビューブログです。好きなものをみんなと共有できたらうれしいです。

スズミチのぶろぐ。。。

 

★セール情報★

Amazonタイムセール祭り

9月24日(土)9:00~9月27日(火)

■セール予想■

楽天お買い物マラソン

10月4日(火)~10月11日(火)

 

【Sennheiser MOMENTUM True Wireless 3 ブラックのレビュー】音の分離感がいいハイレゾ相当の高音質Bluetoothイヤホン【ゼンハイザー】

皆様いかがお過ごしでしょうか。

僕は100種類以上のゲーミングデバイスや

ガジェット関係を使用して 

レビューしているスズミチと申します。

 

今回は2022年5月20日

Sennheiser(ゼンハイザー)から

発売されたMOMENTUM True Wireless 3

ブラックを使用したので

そのレビューをしていきたいと思います。

先に結論!

・音の分離感がいいクリアなサウンドで

 デフォルトの音は低音が強め

・高音質コーディックで使用すると少し遅延する

・マイク音質はクリアで使いやすい

・ノイキャン、外音取り込みの効きがいい

・外音取り込みは若干ホワイトノイズが乗る…

・ワイヤレス充電ができて便利

先にざっくり結論を書きました。

詳細は下記目次の感想に記載しました。

 

 

色々な音楽を聴きたい人は

amazon musicで聴くのがオススメです♪

 

 

 

Sennheiser MOMENTUM True Wireless 3について 

MOMENTUM True Wireless 3とは

Sennheiserから2022年5月20日に発売された

Bluetoothイヤホンになります。

 

主な特長は下記の通りです。

①解析度の高い音質

MOMENTUM True Wireless 3には

TrueResponseトランスデューサー呼ばれる

7 mm径のシングルダイナミックドライバー

搭載し、歪みを最低限に抑え、

クリアな音や臨場感を出し

深みのある低域や自然な中高音域 、

全ての音域を忠実に再現されています。

またハイレゾ相当コーデック

aptX Adaptive対応で音のレンジも広がり、

もう一段階上の音が楽しめます。

さらに低遅延で人混みや電車内などで

音が途切れにくい仕様で

より没入感を感じられます。

②ノイズキャンセリングと外音取り込みモード

周囲の騒音レベルに合わせて

ノイズキャンセルの度合いを

自動で調整してくれる

アダプティブノイズキャンセリングと

ハイブリッド型のノイズキャンセリングで

周りのノイズを除去してくれます。

またイヤホンをつけたまま

周囲の音を聞き取る

外音取り込み(トランスペアレントヒアリング)

対応していて駅やお店などで

外の音を聞きたい時にイヤホンを外さず、

スイッチ押したりやアプリ内で

簡単にモード切り替えが可能です。

③専用アプリで自分好みにカスタマイズ

ゼンハイザーの専用アプリ

Smart Control(スマートコントロール)

使用すればイコライザ設定が可能で

プリセット自分好みで

音を作ることが可能です。

またその他、アプリではノイキャンや

外音取り込み(トランスペアレントヒアリング)

イヤホンのタップ操作の設定など可能です。

④合計6基のマイクでクリアな音声

左右で合計6基のマイクを搭載し、 

ビームフォーミング上で自分の声を集音し、

さらにイヤピースあたりに付いている

イヤーチャンネルマイクで集音精度を高め、

周りの騒音が大きくても自分の声に合わせ

電話やオンライン会議や

ゲームなどのボイスチャットで

クリアな音声を相手に届けられます

⑤防滴性能

雨や汗にも耐えられる

IPX4の防滴仕様なので

ちょっとした雨や汗に濡れても

問題なく使用することができます。

激しめの雨だと耐えられない可能性があるので注意

⑥ロングバッテリー

バッテリーは約1.5時間でフル充電でき、

イヤホン単体で最大7時間

充電ケースと併用すれば最大28時間

使用することが可能です。

また10分の充電で

約1時間使用できる急速充電

Qiワイヤレス充電にも対応しています。

⑦カラーバリエーション

カラー展開はブラックホワイト

グラファイト(Amazon限定)

3種類から展開されています。

※ちなみに今回僕はブラックを使用しました。

⑧その他

気になることがあれば

メーカーサイトを見てみてください。

スペック

Sennheiser MOMENTUM True Wireless 3 の開封と外観 

↓外観です。

↓ウラ面です。  

↓中身はこんな感じです。 

内容物

・イヤホン本体(M)

・イヤホンケース(充電)

・充電ケーブル約0.45m(USB Type C - A)

・交換用イヤーチップ(XS,S,L)

・ウイングチップ(全部で3種類)

・説明書

外観

外観を見てみましょう。

↓イヤホン各アングル

↓ケース各アングル

正面に充電用の

  USB Type Cの差込口があります

↓ケースの中身

↓交換用イヤーチップ

全部で4種類あります。

ウイングチップは全部で3種類。

赤丸の箇所に取り付けます

↓充電はUSB Type Cの他、

 ワイヤレス充電にも対応しています。

↓重量を測ったら下記の通り。

↑イヤホンのみ:12g

↑ケースのみ:66g

↑イヤホン+ケース:78g

Smart Controlを使ってみた

専用アプリをインストールすると

イコライザ設定イヤホンのタップ設定

ノイキャン、外音取り込み機能など可能。

Sennheiser Smart Control

Sennheiser Smart Control

  • Sonova Consumer Hearing GmbH
  • ユーティリティ
  • 無料

 

↓アプリをインストールして

 イヤホンをペアリングします。

↓イヤホンタップの説明

↓アプリのトップ画面。

 ノイズキャンセリング設定や

 トランスペアレント(外音取り込みの

 設定などが可能です。

イコライザ設定画面。

  プリセットや自分好みでも設定可能

↓イヤホンのタップ設定もできます。

感想-スズミチ切り- 

よかった!

・クリアなサウンドで音の粒が細かく出ている

・aptX Adptive(ハイレゾ相当)の音もなかなか

・マイク音はクリアで使いやすい

・ノイキャン、外音取り込みモードが優秀

・ワイヤレス充電ができて便利

少し思うところ

・デフォルトの音は低音が若干強め

・高音質コーディックで使用すると

 若干音が遅延してしまう

Sennheiser MOMENTUM True Wireless 3

感想は上記の通りです。

音質

クリアなサウンドで音の分離感があり

各音域が目立つように音が出ています

1万円前後のイヤホンと比べても

音の粒の細かさが格段に違いますので

音質にこだわる人にもオススメです。

また高音質コーデック(ハイレゾ相当)の

aptX Adptiveにも対応しているので

このコーディックで聴けば

より奥行があるようなサウンドになります。

 

個人的に聴いた感想としては

低音がやや強めと感じ

聴くジャンルによっては

低音がうるさく聴こえてしまうので

その場合はアプリ内での設定で

低音を下げるのをオススメします。

(ちなみに音量を上げても低音が潰れなかったです)

 

各ジャンル聞いた感想としては

ポップス

曲によってはデフォルトの音だと

低音が強めに出ている印象なので

低音が煩わしく感じました。

(その場合はアプリ内のイコライザ設定で

 低音を下げればスッキリするのでオススメです)

ロック、パンク、エモ、EDM系

低音が効いてバランスいいサウンドでした。

ズンズンと低音が支えているので

メインの音がより目立つように聴こえ

聴きやすかったです。

 

低音を必要としないジャンルは

 イコライザ設定をして

 低音を下げるのがオススメです。 

マイク音質

非常にクリアな音質で

Web会議や通話などで

綺麗な音を届けることができます

また片耳に3つのマイクが付いていて

ビームフォーミング上で声を拾うので

周りの雑音を取り込みにくく

自分の声を拾いやすいように

設計されています。

しかし外の音が

あまりに大きかったり(車や風の音など)すると

外音を一緒に拾ってしまうので、

若干の注意が必要です。

(とはいえ高音質なので許容範囲ではありますが)

使いごごち

イヤホンのタッチ操作も触れやすく

再生や停止やノイキャンなどが

使いやすかったです。

逆をいえば感度がよく

誤操作が起きやすいと思われるため

アプリ内でタッチコントロールの

有効か無効を選べるので

もし誤操作をしやすい人は

無効にするのがオススメです!

 

用途が違いますが

ランニングやワークアウトで使用しましたが

音質優先の少し大きめなイヤホンなので

スポーツ中に使うと

やはりズレ落ちやすいので

若干不向きと感じましたので

スポーツ用途で使いたい場合は

Jabra Elite 4 ActiveShokz Aeropexなどの

スポーツ用のイヤホンの方がオススメです。

それでも音質を取りたいのであれば

まだ形状が小さいLinkBuds Sの方が

スポーツでは使いやすかったです。

接続

高音質のコーディック

aptX Adptiveを使用して

Bluetooth接続をすると

情報量が多いため

若干ですが音の遅延を感じました。

機能面

ノイキャン、外音取り込みが優秀です。

どちらも効きもよく使いやすかったですが

しいて言うのであれば外音取り込み機能は

少しホワイトノイズがのるように感じます

 

充電に関してはは

USB Type Cケーブルで充電できる他、

ワイヤレス充電にも対応しているので

楽に充電ができて便利です。

 

またイヤホン内の不満ではないのですが

デフォルトの音が綺麗なので

そこまで不満はありませんがアプリ内の

イコライザ設定がハイ、ミドル、ローと

3つの音域でしか設定ができないので

音にこだわりが強く

細かい設定をしたい人には

やや不向きと考えられます。

まとめ

クリアなサウンドで

音の粒も細かくでているので

高音質で音を聴きたい人にオススメです。

またノイキャンや外音取り込みも優秀なので

機能面としても使いやすかったです!

 

また、なにかあれば追記します。

ひとまずレビュー終わり!