スズミチのぶろぐ。。。|ゲーミングデバイス、ガジェットなどのレビュー

忙しい人へ。できるだけ短くまとめたゲーミングデバイス、ボードゲーム、ゲーム、ガジェット、音楽機材関係などのレビューブログです。好きなものをみんなと共有できたらうれしいです。

スズミチのぶろぐ。。。

 

◇セール予想◇

Amazonタイムセール

12月中旬

★セール情報★

楽天スーパーセール

12/4(日)20:00~12/11(日)01:59

 

【Shokz(旧AfterShokz) Aeropexのレビュー 】スポーツなどに適した耳を塞がない骨伝導イヤホン。マイク音質や通話音質も確認(AFT-EP-000011)【アフターショックス】

皆様いかがお過ごしでしょうか。

僕は100種類以上のゲーミングデバイスや

ガジェット関係を使用して 

レビューしているスズミチと申します。

 

今回は2019年7月22日

Shokz(旧 AfterShokz)から発売された

Aeropex AFT-EP-000011

Aeropex AFT-EP-000011を使用したので

そのレビューをしていきたいと思います。

先に結論!

・耳を塞がないので外の音がよく聴こえる

・フィット感がぴっちりで

 スポーツの時に使っても外れにくい!

・音量を上げすぎと近くの人には音が漏れる

・プールでの使用は危ないが防塵性能がいい

・音楽をちゃんと聴きたい人は

 他のBluetoothイヤホンを買うのがオススメ

・人によっては、骨伝導で頭が痛くなるかも

先にざっくり結論を書きました。

詳細は下記目次の感想に記載しています。

  

 

 

Shokz Aeropexについて 

Shokz AeropexとはShokz(ショックス)から

2019年7月22日に発売された

骨伝導イヤホンになります。

 

Aeropexは耳を塞がないでタイプ

小さな振動でしっかり聴こえる

骨伝導イヤホンです!

音という概念は2種類あり、

空気の振動で伝わる気導音

骨を通して伝わる骨導音

最終的に振動を音としてとらえるのは、

内耳にある聴覚神経です。

Aeropex

後者の骨を通して伝わる骨導音のため

耳を塞がず音を聴くことができます!

そのため人の話声や街中の音などを

聞き逃すことなく使うことできるので、

ウォーキングやジョギングなどの

スポーツから通勤や通学など

普段使いでも便利です!

 

その他主な特長は下記の通り。

少ない振動で大音量のオーディオ

骨伝導で身体(頭の中)に広がるような

サウンドを実現しています。

音はメーカー独自の

Premium Pitch+という技術で

少ない振動でありながら

大音量で聴くことでき

中高域の周波数へのレスポンスと

深みのある低音に優れている音質です!

①音漏れの軽減

Aeropexはメーカーの

音漏れ防止構造により

比較的少ない音漏れで

音を聴くことができます!

②防水機能

IP67の防塵・防水性能機能で規格上、

水深1mの水中に

30分の水没にも耐えられます。

そのため、激しい雨や汗などが出る中で

使用しても、問題なく使用できます!

※とはいえ水泳時の着用はオススメしません。

 

また雨や汗などで

充電ポート部分が濡れている場合は、

警告音が鳴って充電異常を知らせ、

故障などを防ぐことができます。

③ロングバッテリー

簡単に着脱簡単な

マグネット式充電ケーブルを使い

充電をすれば最大連続再生8時間

(待機時間最大10日間)

バッテリーが持つので、

こまめに充電する必要が少ないです!

④軽量

骨伝導イヤホンは26gと軽量

長くつけていても重さを感じず

快適に使用ができます!

⑤その他

気になることがあればメーカーサイトを

見てみてください!

Shokz (旧AfterShokz) Aeropex 運動用の骨伝導イヤホン – ShokzJP

マイナーチェンジモデル(OPENRUN)

Shokz  Aeropexは

現在マイナーチェンジされていて

急速充電に対応したOPENRUNという

モデルが販売されています!

 

Shokz (旧AfterShokz) OpenRun スタンダードモデル 骨伝導イヤホン – ShokzJP

スペック

Shokz Aeropexの開封と外観 

↓外観です。

↓ウラ面です。  

↓中身はこんな感じです。 

内容物

・骨伝導イヤホン本体

・専用充電ケーブル2本(0.6mと1.0m)

・耳栓(と耳栓ケース)

・ケース

・説明書

外観

↓骨伝導イヤホン各アングル

↓イヤホンには音量調整のスイッチ

  再生一時停止などができる

  マルチファンクションボタンがあります。

↓イヤホン右側にマイクがあります。

↓イヤホン右側に充電差込口があります。

↓専用の充電ケーブルが2本あります。

↑長さは0.6m1.0m

シリコン素材の(ゴムのような)ケース

  雨など弾いて便利です!

↓耳栓もついています。

↓重量を測ったら下記の通り。

重量は26gでした。

接続をしてみた

↓Bluetoothにて接続をしました。

アプリもありましたが非対応

  OpenRun Proというモデルは対応している

↓ペアリングは+ボタンを

 長押しすると設定できます。

感想-スズミチ切り- 

よかった!

・耳が塞がらないので外の音がよく聴こえ

 音楽など音が聴こえる

・フィット感がぴっちりなので

 スポーツなどで使ってもズレ落ちる心配がない

・軽量で付けごごちがいい

・IP67の防水防塵性能で水没の心配がない

・ケースは水に濡れしにくい素材

少し思うところ

・音量を上げすぎると近くにいる人には音が漏れる

・外の音を聴くことがメインなので

 外の音が大きいと音楽が聴こえない時がある…

・ズレ落ちない心配がないが人によっては

 締め付けが強めに感じる時がある

・慣れるまでは骨伝導イヤホンは頭が痛くなる(笑)

・付属の耳せんの意味は?

Shokz Aeropexの感想は上記の通り。

 

付けごごち

骨伝導の振動が少なくて、

触れていても違和感がないくらい軽いので

スポーツをする時はもちろん、

普段使いにも使えて便利なイヤホンです!

 

個人的には少し締め付けが強く感じたので

スポーツをする上ではズレ落ちず安心ですが

普通に使う分には長時間付けると

圧迫感が強く、

頭が痛くなるような感じがしました

頭痛の原因として

もう1点考えられることとして

慣れていないので骨伝導の振動で

自分は頭が痛くなってしまいましたので

人によっては身体的に

合わない人もいると思われます。

音質

変なクセがなく

クリアな音質で音楽など楽しめます

主にはスポーツ等で使用するものなので

使用上スポーツなどのながら聴きには

違和感なく音楽が楽しめます!

音だけの話で言うと

低音域が弱めの印象です。

外の音を聞くことが目的なので、

低音をズンズン強く出すと

聞こえにくくなるため、

少し低音が抑えられているので

低音を重視したい人には

オススメできません。

マイク音質

部屋の中などではクリアな音で

通話やWeb会議などでも問題なく

使用できるクオリティです!

ただ個人的には気持ち音がこもるかな…

という印象でした。

また屋外で使用する際

結構外の音をマイクが拾うので

(車が通る音など大きいめの音を)

外で使うにはあまり通話品質は

良くないと感じました

その他

防水防塵機能がIP67と性能が高く、

水への心配が少なく

ケースもシリコン素材なので

水に濡れても大丈夫なように

対策されているので極論、雨の日や

水たまりなどに落としても問題ないので

安心して使用ができました!※

またケースも比較的大きくて

イヤホン本体、耳栓、充電ケーブルが

全て収納でき持ち運びがしやすかったです!

※プールなど水の中に長時間浸かっていると

 故障の可能性があります。

少し思うこと

耳を塞がずに

音楽を聴くことを目的としてしてるので

個人的には耳せんがある理由が

わからないです(笑)

音を聴こえやすくする目的ではありますが

ちゃんと音をしっかり聴きたい人は

普通のBluetoothイヤホンを

購入するのがオススメです。

まとめ

スポーツなどに向いていて

ライトに音楽を聴きながら

外の音もちゃんと聞きたい人に

オススメの骨伝導イヤホンでした!

 

一通り無難で使えますが、あくまで

外の音を聞くことを目的としているので

ちゃんと音楽を聴きたい人は

普通のBluetoothイヤホンを購入するのが

オススメです!

 

また、なにかあれば追記します。

ひとまずレビュー終わり!