スズミチのぶろぐ。。。|ゲーミングデバイス、ガジェットなどのレビュー

忙しい人へ。できるだけ短くまとめたゲーミングデバイス、ボードゲーム、ゲーム、ガジェット、音楽機材関係などのレビューブログです。好きなものをみんなと共有できたらうれしいです。

スズミチのぶろぐ。。。

 

★セール情報★

Amazonタイムセール祭り

9月24日(土)9:00~9月27日(火)

■セール予想■

楽天お買い物マラソン

10月4日(火)~10月11日(火)

 

【SONY LinkBuds WF-L900のレビュー】外音が聞きやすい軽量コンパクトでクリアな音質のBluetoothイヤホン。低音が弱めです【ソニー リンクバッズ】

皆様いかがお過ごしでしょうか。

僕は100種類以上のゲーミングデバイスや

ガジェット関係を使用して 

レビューしているスズミチと申します。

 

今回は2022年2月25日

SONYから発売されたLinkBuds(WF-L900)

LinkBuds(WF-L900)を使用したので

そのレビューをしていきたいと思います。

 

 

 

SONY LinkBuds WF-L900について 

LinkBuds (WF-L900)とはSONYから

2022年2月25日に発売された

Bluetoothワイヤレスイヤホンになります。

 

主な特長は下記の通り。

特徴的なイヤホンでクリアな音質

①一番の特徴は耳をふさがないイヤホン

音質がよくて人気のWF-1000XM4と

同じプロセッサー採用している高音質な

イヤホン中央部に空洞が空いている

リング型ドライバーユニットを

採用しています。

そのためクリアな音質で外の音を

聞こえやすくしているので

スポーツの時も含め便利に使用ができます。

②専用アプリで音質や機能のカスタマイズ

専用アプリのHeadphones Connectを使えば

イコライザで自分好みに音質に調整できたり

圧縮音源の高音域をクリアに再現するDSEE、

立体音響360 Reality Audioの設定の他、

自動で音量を調整してくれたり、

声を発すると再生が停止する機能など

幅広く機能を使うことができます。

③コンパクトなデザインと高い装着性

ソニー製品内では

最軽量の約4.1g(両耳で約8g)

長時間快適に装着するための

工夫がされています。

またケースもコンパクトで

持ち運びにも便利です!

イヤホンは耳穴に差し込まないので

圧迫感が少なく開放的なつけ心地

長時間の使用でも耳が蒸れにくいです。

また耳にうまくハマるように

フィッティングサポーターが

5種類付属しています。

④高い通話品質

高精度の技術により

クリアな品質で通話が可能です。

5億以上の声のサンプルをAIの機械学習し

自身の声をクリアに抽出できるよう

チューニングされたマイクです。

⑤ロングバッテリー

ケースの充電と併用で

最長17.5時間のロングバッテリーを実現し

10分充電で90分再生可能な

クイック充電にも対応しているので

突然の充電切れにも安心です!

⑥IPX4相当の防滴性能

雨や汗でも問題なく使用可能なので、

スポーツ時や外出時も便利です!

※強めの雨や水たまりなどの水は防げない可能性がある

⑦その他多様な機能

Quick AccessでSpotifyの音楽を再生したり

Googleアシスタントや

Amazon Alexaなどにも対応していて

外部のアプリとの連携ができます!

またSound ARアプリ

Locatoneにも対応していて

現実世界に仮想世界の音が混ざり合う

ソニーの音響体験が味わえます。

スペック

※ノイズキャンセリングは非対応。

(イヤホンの形状的に当然ではあるが(笑))

SONY LinkBuds WF-L900の開封と外観 

↓外観です。

↓中身はこんな感じです。 

内容物

・イヤホン本体

・フィッテングサポーター(全5種類)

 ※1つはイヤホンに付いています。

・ケーブルUSB Type C -A 約0.2m

・説明書など

 

音が流れる部分の中心部分が空洞なため

  外の音が聞こえやすくなっています

フィッテングサポーターは全部で5種類

自分の耳に合わせて選べます

↓イヤホン各アングル。

↓ケース各アングル

重量を測ったら下記の通り

↑左:イヤホン2つで8g

↑中:ケースのみで34g

↑右:イヤホン+ケースで42g

SONY Headphones Connectを使ってみた

専用アプリをインストールすると

イコライザ設定など可能です。

Sony | Headphones Connect

Sony | Headphones Connect

  • Sony Corporation
  • ユーティリティ
  • 無料

 

↓専用アプリを立ち上げた後、

  ケースからイヤホンを取り出すと

  自動的にペアリングを開始します。

↑右:接続後にチュートリアルを見れます

 

接続がわからない場合はメーカーサイト

 接続方法が記載されています。↓

イコライザ設定が可能です。

その他、声を発した時に自動で止まる

  スピーク・トゥ・チャット、DSEE、

  他アプリとの連携も可能です。

 

↓その他、周りの外音によって

  音量を調整してくれる

  アクティブボリュームコントロールなどの

  設定ができます。

感想-スズミチ切り- 

よかった!

・クリアで聴きやすい。ライトに聴く人にオススメ

・軽量で付けていて疲れない、蒸れない

・マイク音質がクリアで使いやすい

・アプリでイコライザ設定などが使えて便利

少し思うところ

・低音が弱いので

 低音好きな人にはオススメできない

・付け方にコツがあり、

 人によっては装着してても不安になるかも

SONY LinkBuds WF-L900の

感想は上記の通り。

 

音質

冒頭の商品説明でも記載した通り

人気イヤホンのWF-1000XM4と

同じプロセッサー採用しているので

クセがなくクリアな高音質で

聴きやすかったです。

また専用アプリで

イコライザ設定ができたり

DSEE、360 Reality Audioで

音質調整を行うことができるので

機能面としても使いやすかったです。

 

一方で独特な形状をしていて

中央部に空洞があるので

外音は聞こえて便利ですが音の全体が

耳まで届かないようなイメージ

低音が外に漏れ、低音が弱く感じました

またLDAC等のハイレゾが非対応なので

高音質で聴くというより、

スポーツなどの外音も聴きながら

音楽などをライトに楽しむ人に

オススメなイヤホンです。

マイク音質

マイク音声はクリアな音質

Web会議などでも問題なく使えるレベル

個人的に満足度は高かったです。

マイクは5億以上の声のサンプルを

AIの機械学習しチューニングされた

マイクなのでスペック通り優秀です。

付けごごちと使いごごち

付けごごちとしてはオシャレで

軽量なので長時間付けていても

疲れにくく蒸れないイヤホンなので

外でランニングをしながら

音楽を聴きたい時などに便利です。

またケースもコンパクト

小さいバックにも収納でき、

持ち運びにかなり適しているイヤホンです。

 

少し思うこととしては

外の音が聞こえやすい反面、

少しボリュームを上げただけで

音漏れするので、

音漏れを気にする人には

オススメできません。

またフィッテングサポーターが5種類あり

問題なくフィットすると思われますが、

耳に差すタイプのイヤホンではないので

付けごごちとしては

若干不安になる時があります

あると便利だった

コンパクト設計のため仕方ないのですが

ワイヤレス充電が非対応のだったため

対応しているとさらに使いやすい

イヤホンだと感じました。

まとめ

軽量でクリアな音質で

使いやすいイヤホンでした。

マイク音質もよく

機能も豊富で使いやすいですが

イヤホンの性質上、低音が弱いので

集中的に音を聴くより、

スポーツ中や外音を聴きたい人に

適したイヤホンです!

 

また、なにかあれば追記します。

ひとまずレビュー終わり! 

 

 

↓やはりこれが最強イヤホンです。

↓コスパ最強イヤホン。

↓重低音が好きな人に!

↓こちらも低音が効いたイヤホン