スズミチのぶろぐ。。。

忙しい人へ。できるだけ短くまとめたゲーミングデバイス、ボードゲーム、ゲーム、ガジェット、音楽機材関係などのレビューブログです。好きなものをみんなと共有できたらうれしいです。

スズミチのぶろぐ。。。

【YAMAHA TW-E3B スモーキーブルー Bluetoothワイヤレスイヤホンのレビュー】バランスの取れた音質でカラーバリエーションも豊富。ペアリングや使い方とかも

スズミチです。

皆様いかがお過ごしでしょうか。

 

今回は2020年に11月28日

YAMAHAから発売されたTW-E3B

 

TW-E3Bを使用したので

そのレビューをしていきたいと思います。

 

 

 

YAMAHA TW-E3Bについて 

TW-E3BとはYAMAHAから

2020年11月28日に発売された

Bluetoothワイヤレスイヤホンになります。

 

TW-E3Bは自動で音のバランスを最適化し、

耳への負担も抑えるYAMAHA独自

リスニングケア」を搭載した

完全ワイヤレスイヤホンで

自然で聴きやすい音を再現してくれます。


またQualcomm社

オーディオSoC「QCC3026」を採用し、

従来の完全ワイヤレスイヤホンに比べ

音切れしにくくなっています

 

その他の機能としてマイク付き

Siri、Google Assistantなどの

ボイスアシスタント機能の起動に対応し、

本体のボタン操作で簡単に起動できたり

IPX5相当の生活防水に対応しています。

 

ちなみにカラーバリエーション

6種類もあるので自分の好みに合わせて

選ぶこともできます。

 

スペック

f:id:suzumichi:20211127111616p:plain

 
TW-E3Bの開封と外観 

↓外観です。

f:id:suzumichi:20211103233514j:plain

↓ウラ面です。  

f:id:suzumichi:20211103233531j:plain

↓中身はこんな感じです。 

f:id:suzumichi:20211103233548j:plain

内容物

・イヤホン本体

・イヤホンケース(充電用)USB TypeC

・交換用イヤーピース(XS/S/L)

 ※Mはイヤホンに装着済み

・充電ケーブル(USB Type C -A)0.3m

・説明書など

 

↓イヤホン本体

f:id:suzumichi:20211103233624j:plain

 

↓左:磁力があり近づけるとくっつきます

↓右:充電時に光ります(ケーブルに繋いでいなくても)

f:id:suzumichi:20211103234359p:plain

↑左:USB Type C - Type Aケーブル0.3m

↑右:交換用イヤーピース残り3つ

 

↓左:ケース内部

↓右:ケースのサイズ感

f:id:suzumichi:20211103233946p:plain

↑左:裏面に充電差込口(Type C)

↑右:充電すると赤く光ります

 

↓重量を測りました。

f:id:suzumichi:20211103234650p:plain

↑左:ケース+イヤホン

↑中:イヤホン

↑右:ケース

 

接続をしてみた

↓接続をすると青く光ります。

f:id:suzumichi:20211107003854j:plain

YAMAHA Headphonesを使ってみた

専用アプリ(YAMAHA Headphones)

ダウンロードするとバッテリー残量

リスニングケア、自動電源OFF

設定ができます。

 

↓左:Bluetoothは左右個別に接続でした

↓左2:アプリインストール画面

f:id:suzumichi:20211114004543p:plain

↑右2:ペアリングができたら次へを押す

↑右:LISTENING CAREや充電残量の

    確認ができます  

 

ケースからイヤホンを取り出すと

自動的にBluetoothの画面で認識して

接続できると思います。

※メーカーの接続方法についての

 リンクも貼っておきます。

→下記感想にも書きますが

 メーカーの説明書を見ながら

 接続するのをオススメ致します。

 

 

感想-スズミチ切り- 

 

よかった!

・音はクリアでバランスが良い

・この価格帯ではコスパがいい

・マイク音質も無難にいい

TW-E3Bを使ってみた感想としては

音質はクリアでバランスが良くて

どの音楽にも合うイヤホンだと思います。

この価格帯での音質はなかなかです。

 

バランスがいい音なので低音好きな人だと

少し低音が足らないと思うかもしれませんので

低音が欲しい人は少し予算を上げて

Anker Soundcore Life P3など

イコライザ設定ができるイヤホンを購入して

低音を膨らませるのもありです。

 

地味にマイク音質もそこそこ使える音なので

通話などで使う時にも

問題なく使用できました。

 

少し思うところ

・Bluetooth接続がうまくできないと

 左右で独立した設定になり

 音声の入りがズレる時がある。

少し思うところとしては

結構レアなケースかもしれませんが、

Bluetooth接続をちゃんと行わないと

(メーカー説明書のような形で)

左右のBluetooth接続が独立した

設定になってしまうことがあり

音楽など音声を再生すると音の入りだけが

若干左右ズレることがありましたので

初回はメーカーの説明書を見ながら

接続するのをオススメです。

※Bluetoothの表示上

 RとLで独立して表示されても

 設定がうまくいっていれば問題ない。

 

もしそのような症状が出ていれば

一度接続設定を消して

再び初回接続設定を行ってみてください。

  

まとめ

TW-E3Bはバランスの取れた音質でした。

(低音好きな人からすると

 低音が物足りないかもしれませんが)

値段的にも手が出しやすい金額なので

一度チェックしてみてください。

 

また、なにかあれば追記したいなと思います。

ひとまずレビュー終わり!