スズミチのぶろぐ。。。

忙しい人へ。できるだけ短くまとめたゲーミングデバイス、ボードゲーム、ゲーム、ガジェット、音楽機材関係などのレビューブログです。好きなものをみんなと共有できたらうれしいです。

スズミチのぶろぐ。。。

【私の世界の見方のレビュー】おすすめボードゲーム・限られた中でのアナタの笑いのセンスを!

どうもスズミチです。
今回はゲームデザイナーUrs Hostettlerの

私の世界の見方」という

ボードゲーム紹介します。
 

 


■作品名:私の世界の見方

■発売年:2015年(原版ドイツでは2004年発売)

■発売メーカー:テンデイズゲームズ

■メディア: おもちゃ&ホビー

■対象年齢:10歳ぐらい~

■人数:2人~9人ぐらい

■所要時間:30分くらいかな

 

2004年にドイツで発売され、

ドイツ年間ゲーム大賞の審査員推薦作にも

選ばれた傑作ワード系パーティーゲームです。

 

僕も本格的にボードゲームをやり始める

きっかけとなったゲームになるので

非常に思い入れがあるゲームです。

 

※今まで細かくルール記載していたんですけど

 ルール説明のブログではない…と気づいたので

 単純に面白さを紹介できたらと思います。

 

ではでは紹介していきましょう!

 

手短にストーリーを

たぶん…ない。

 

どんなゲーム?

単純に縛りのある大喜利ですね。

出されたお題カードから

自分の手札のカードの中で

一番面白いであろうカードを出して

周りのプレイヤーより面白ければ勝つゲーム

…笑いのセンスが問われるゲームだと思います。

 

ざっくりルール

私の世界カードと呼ばれる

「お題カード」90枚から

親がランダムで選んだカード1枚のお題から、

他プレイヤーが手持ちの「回答カード」の中から

そのお題にあった面白いカードを

親にわからないようにで出す。

(+山札からランダムに1枚加える)

回答カードは392枚ある。

 

全員のカードが集まったら

親がそのカードを見て一番面白いカードを言う

 

その人が勝利者となり次の親をやる。

負けたプレイヤーたちは山札からカードを

今回出した枚数分引く。

…これを繰り返すだけ。

 

※ルールブックには「一番相応しい」ものを

 親が決めると書かれているので

 単純に面白くなくてもいいが、

 ルールの性質上、面白い方が勝つ傾向なので

 上記には面白いカードとして記載しました。

 

勝敗

・勝利条件…

勝利者はカードを引かないので

規定枚数まで減ったら勝利

 

・敗北条件…

誰かが 規定枚数まで達した時

 

↓お題カードの一部

f:id:suzumichi:20210509213144j:plain

↑ものによっては2枚お題を出す場合もあります。

 

↓回答カードの一例。

f:id:suzumichi:20210509214937j:plain

   

ちょっとした感想

ドンピシャなお題ならいいが、

たまに自分の手札の中で戦力にならない時もある。

そんな中で頭を絞って、相手のツボを考えて

カード選ぶことが楽しい

逆に相手もいるので

自信のあるカードで負けると悔しい!

お酒なんか飲んで遊ぶとなんでもないカードが

強力なカードに化ける可能性もあるので

なかなか奥が深いゲームです。

というか人間って深いです(笑)

 

1つだけネックがあるならば

ゲームの性質上、人数はある程度いた方が

面白くなりやすいと思います。

 

また私の世界の見方は拡張版もあるので

だいぶプレイしたら

新しいカードを追加してみてもいいかと。

 

ルール読み込み難易度★☆☆☆☆

簡単です。読んで5分もしないうちに

余裕でスタートできると思います。 

 

最後に

ボードゲームを始めるとっかかりとしても

みんなで簡単なルールで盛り上がりたい

どんな理由でもいいゲームだと思います。

カードもコンパクトなので

出先でももっていけますし

とりあえずで持っておいても

損のないゲームです。

 

ではでは!

 

 

 

 

タニタオンラインショップ