スズミチのぶろぐ。。。

忙しい人へ。できるだけ短くまとめたゲーミングデバイス、ボードゲーム、ゲーム、ガジェット、音楽機材関係などのレビューブログです。好きなものをみんなと共有できたらうれしいです。

スズミチのぶろぐ。。。

【Logicool G G604 LIGHTSPEEDのレビュー】多ボタンワイヤレスマウスでFPS,MMO,MOBAなどのゲームを快適に!2.4GHzもBluetoothの無線接続も対応!

スズミチです。

皆様いかがお過ごしでしょうか。

 

今回は2019年11月21日に

Logicool Gから発売された

G604 LIGHTSPEED

 
G604を使用したので

そのレビューをしていきたいと思います。

 

 

 

Logicool G G604について 

G604とはLogicool Gから

2019年11月21日に発売された

ワイヤレスタイプの

ゲーミングマウスになります。

 

G604は15個の割り当て設定ができる

ボタンがあり(うち2つはスクロールUP DOWN)

FPSやMMO、MOBAなど

割り当てを多くしたいゲームに適していて

センサーLogicoolのHERO 25K

導入されているので

快適にプレイすることができます!

 

また接続方式も2.4GHz LIGHTSPEED

Bluetooth無線接続両方に対応しているので

幅広い機種で使用が可能です!

 

ちなみに駆動に関しては単三電池1つで動き、

1本の電池で約240時間駆動します!

※Bluetooth接続の場合、最長5.5か月駆動

 

マウスの持ち方について

マウスと一口に言っても

大きいもの小さいものとあって

どれを選んだら…と思うはずです。

マウスには一般的には3つ持ち方があります。

簡単に説明と相性のいいタイプを記載します。

①かぶせ持ち(手全体でマウスをかぶせる)

→大きめのマウスと相性がいいです。

②つかみ持ち(かぶせ持ちから指を立す)

→指の自由度が高いからオールラウンドにいける。

③つまみ持ち(指先だけでマウス操作)

→小さい小回りの利くマウスと相性がいいです。

 

基本的には上記のどれかの

タイプになりますので

自分の持ち方に合っている

マウスを選択するのが

いいマウスと出会える秘訣です(笑)

 

今回のLogicool G G604

①かぶせ持ち②つかみ持ちの

あたりになるかなと思います。

大きめのマウスで重いマウスのため

③つまみ持ちの人には

不向きかもしれません。

 

これから自分なりの感想を述べますが

このあたりも考慮して

みてもらえると嬉しいです。

 

スペック

f:id:suzumichi:20210626213828p:plain

 

Logicool G G604の開封と外観 

↓外観です。

f:id:suzumichi:20210626215810j:plain

↓ウラ面です。  

f:id:suzumichi:20210626215821j:plain

↓中身はこんな感じです。 

f:id:suzumichi:20210626220324p:plain

内容物

・マウス本体

・ワイヤレス受信機(写真別撮り)

・ワイヤレス延長USB(約1.5m)

(使用場所から遠い場合に使用)

・単三電池

・ステッカー

・説明書など

 

Logicool G G604を設置をしてみた

↓設置をしたところこんな感じです。

(特に光りません)

f:id:suzumichi:20210626221521p:plain

↓裏面はこんな感じです。

f:id:suzumichi:20210626221543j:plain

無線受信機と電池の差込口は

 マウスお尻側にあります。

f:id:suzumichi:20210626222308p:plain

 

自分が使う場所と

PC等の機器との距離が離れている場合は

付属のケーブル(約1.5m)を使い

使用する付近まで伸ばすことができます

↓↓

f:id:suzumichi:20210626222400p:plain

 

Logicool G HUBを使ってみた

専用ソフトをインストールすると

ボタンカスタマイズなど可能です。

 

↓ボタンの割り当てを設定できる。

f:id:suzumichi:20210626223157p:plain

↓サイドボタンの設定も可能

f:id:suzumichi:20210626223242p:plain

f:id:suzumichi:20210626223710p:plain

マクロ設定で

自分の好みのボタン設定などができます。

f:id:suzumichi:20210626224013p:plain

DPI設定やポーリングレートの設定ができる。

f:id:suzumichi:20210626224432p:plain

 

感想-スズミチ切り- 

G604はボタン数が多いので作業が楽!

ゲームの割り当てが多くできて楽!

ボタン数は裏切らないです(笑)

 

ゲームならFPSというより

MMO系のゲームに適している

マウスだと思います。]

(MMOでも足らないゲームもありますが(笑))

それに作業用で使用してもいいですね。

仕事で使用する際に

ショートカットを割り当てて

作業の効率化に適していると思います。

  

DPI設定も~25600まで対応しているので

操作上では全く問題なく

他のLogicool G製品と同様の爽快さです!

 

またマウスホイールに関して

つっかかりが軽めなので

非常にまわしやすいです。

それにラッチボタンもあるので

マウスホイールボタンの

つっかかりを解除もできますので

非常に取り回しがいいかと思います。

(Logicool G G502の方がつっかかりが強い) 

 

不満なことがあるなら

上記メリットの弊害だと思うのですが

ボタン数が多い、乾電池のため

重量がいく分か重い感じがします。

(スズミチ調べで136g)

前にレビューした

SteelSeries Rival 650 WLより

ガッチリしてるので普段使っているものより

軽いマウスからの交換だった場合、

重量を感じるかもしれません。

…強めにマウス操作をする人は

安定感があっていいですし、

DPIの設定ができるので ある程度は

重くても設定で解消ができると思います。

※DPI:マウスを動かした時にどれくらい動くか

 

  

まとめ

僕みたいに作業時、ゲーム時に

割り当てを多くしたい人

かなりオススメのマウスです。

…最終的には使用用途かと思いますが

仕事などの日常使いや

自分のやるゲームで

どれくらいボタン割り当て数が必要か

自身と相談してみて

決めてみてはいかがでしょうか。

そこまでボタン数なくてもいいなと思えば

同じメーカーのLogicool GのG502 WL

RazerのBasiliskの系

ワイヤレスマウスでもいいかもしれません。

 

また、なにかあれば追記したいなと思います。

ひとまずレビュー終わり! 

 

 

リンク