スズミチのぶろぐ。。。

忙しい人へ。できるだけ短くまとめたゲーミングデバイス、ボードゲーム、ゲーム、ガジェット、音楽機材関係などのレビューブログです。好きなものをみんなと共有できたらうれしいです。

スズミチのぶろぐ。。。

【Anker PowerCore Fusion 10000 モバイルバッテリーとPowerLine Ⅲ Flowのレビュー】迷ったらこれ。コスパがよくて使いやすい充電器と面白いケーブル。その他Ankerのワイヤレスイヤホンなども

スズミチです。

皆様いかがお過ごしでしょうか。

 

今回は2021年1月26日にAnkerから

発売されたPowerCore Fusion 10000という

モバイルバッテリー

2021年3月3日に発売された

PowerLine Ⅲ Flowというケーブル。

 
PowerCore Fusion 10000

PowerLine Ⅲ Flowを使用したので

そのレビューをしていきたいと思います。 

 

 

 

 

 

Anker PowerCore Fusion 10000について 

PowerCore Fusion 10000Ankerから

2021年1月26日に発売された

ACの差込口付きのモバイルバッテリーです。

 

外出時、特に遠方へ行く際

モバイルバッテリーを充電する時に

コンセントとケーブルを繋いで

充電する必要があるのですが

PowerCore Fusionはモバイルバッテリーに

コンセントのプラグがあるので

直接コンセントに接続ができます。

 

そのため充電したいケーブルを持っていけば

身軽に持ち運びができる

モバイルバッテリーです。

 

今回レビューする

PowerCore Fusion 10000の他に

PowerCore III Fusion 5000という

バッテリー容量が約半分、

重量が100gほど軽いモデルもあったり、

 

ACがいらなければ少し軽い

PowerCore Slim 10000 PD 20W

大容量のPowerCore III Elite 25600 60W

ご自身の用途に合わせ選択もできます。

 

f:id:suzumichi:20211003114436p:plain

スペック

f:id:suzumichi:20211003004849p:plain

Anker PowerCore Fusion 10000の開封と外観 

↓外観です。

f:id:suzumichi:20211003005051j:plain↓ウラ面です。  

f:id:suzumichi:20211003005058j:plain

↓中身はこんな感じです。 

f:id:suzumichi:20211003005132j:plain

内容物

・モバイルバッテリー本体

・ケーブル(USB Type C - TypeA)

・持ち運び用ケース

・説明書など

 

↓持ち運びケースに入れて

  持ち運びができます。

f:id:suzumichi:20211003010701p:plain

↓コンセントが付いているので

↓ケーブルいらずで充電できます。

f:id:suzumichi:20211003010736p:plain

 

左:右のスイッチを押すと残量の確認可

中:裏面

右:充電差込口(USB Type A - Type C)

↓↓↓

f:id:suzumichi:20211003010823p:plain

↑↑↑

左:横面

中:底面

右:付属のケーブル(USB Type C - A)

 

重量は276gでした。

f:id:suzumichi:20211003010624j:plain

 

PowerLine Ⅲ Flowについて

PowerLine Ⅲ Flowというケーブル

Ankerから2021年3月3日に発売されました。

 

最近の世の中ではQi充電、MagSafeによる

ワイヤレス充電が対応して

ケーブルを使用せずとも充電できる機会が

増えております。

しかしながら持ち運びで使用をしたり

データをPC等に送ったりと

まだまだケーブルを使用することはあります。

 

ケーブルを使用する中で取り出した時に

ケーブルが絡まっていることがありませんか?

このケーブルは従来のケーブルにはない

やわらかい、ぐにゃぐにゃしている素材なので

とても絡まりにくいケーブルです。

 

発売されているケーブルの種類としては

USB Type C - ライトニング ケーブル

USB Type C -  USB Type C

上記の2点がラインナップされています。

 

スペック

f:id:suzumichi:20211004220144p:plain

 

PowerLine Ⅲ Flowの開封と外観

ライトニングケーブル

ライトニングケーブルの箱

f:id:suzumichi:20211003012733p:plain

↓中身はこんな感じです。 

f:id:suzumichi:20211003012749j:plain

内容物

・ケーブル本体

・説明書など

 

ケーブルは太めですが扱いやすい素材です。

f:id:suzumichi:20211003012758j:plain

↓■:従来のケーブル

↓★:PowerLine Ⅲ Flowのケーブル

f:id:suzumichi:20211003131610p:plain

↑ほどいた時の違いです。

  PowerLine Ⅲ Flowの方が絡まりにくい

 

Type Cケーブル

Type Cケーブルの箱

f:id:suzumichi:20211003012924p:plain

↓中身はこんな感じです。 

f:id:suzumichi:20211003012940j:plain

内容物

・ケーブル本体

・説明書など

 

↓こちらもほどいて比べてみましたが

  同様に絡まりにくいです。

f:id:suzumichi:20211003131937j:plain

 

接続をしてみた

PowerCore Fusion 10000

   コンセントに接続をし充電します。

f:id:suzumichi:20211003011254j:plain

〇部分が光り充電されます。

ACから外した後、〇部分を押すと

光り残量がわかります

f:id:suzumichi:20211003012148p:plain

ちなみに逆さにコンセントに繋ぐと

傾くのでオススメできません。

f:id:suzumichi:20211003012421j:plain

充電はUSB3.0なのでType C

  3.0端子で接続すれば急速充電されます。

f:id:suzumichi:20211003012402j:plain

↑モバイルバッテリーの充電しながら

  端末の充電も可能です。

 

感想-スズミチ切り- 

PowerCore Fusion 10000

使ってみた感想を下記に簡単にまとめました。

f:id:suzumichi:20211003134747j:plain

よかった!

・ACが付いているのでコンセントへ直差し可

・アダプタなど不要で持ち運びがコンパクト

・USBポートがType A、TypeCがあるので便利

・USB 3.0のため急速充電可能

少し思うところ

・少し重い。持ち運ぶものは少なくなるが

 軽さを求める人に不向きかも(約280g)

・重いせいで逆向きにコンセントへ接続すると

 傾いて危ないので繋ぐ場所を考えないといけない

PowerLine Ⅲ Flowケーブル

f:id:suzumichi:20211003134939p:plain

よかった!

・ぐにゃぐにゃして取り回しがしやすくて

 絡まりにくい。そして肌ざわりがいい。

・充電側がType Cケーブルなので急速充電が可能

少し思うところ

・ケーブルが太い。

 絡まりにくいためではあるけど…

・USB Type Aのアダプタを使用している人は

 別途アダプタが必要になってしまう 

 

その他のAnker製品

個人的にAnker製品が好きで

使ったものが多いので簡単に紹介します。

 

Anker Soundcore Liberty Air 2

Anker Soundcore Liberty Air 2

ノイズキャンセリングやイコライザ設定など

様々な機能が入ってのコスパがいい

Bluetoothワイヤレスイヤホン

取り回しが良くて僕も使用しています。

Magnetic Cable Holder

Magnetic Cable Holder

ケーブルを色々使うと絡まったり

どこかいったりする時に

マグネットで取り付けて

まとめることができるホルダーです。

f:id:suzumichi:20211004222609p:plain

Nano Ⅱ 30W

Nano Ⅱ 30WUSB Type C用の

スマホやタブレット端末の

充電できる充電器です。

一般的に30W出力の充電器に比べ

かなりのコンパクトサイズになります。

f:id:suzumichi:20211004223011j:plain

 

まとめ

モバイルバッテリーやケーブルは

ネットや店舗に色々と販売されておりますが

コスパよく品質のいいものが欲しければ

とりあえずAnker製品を

チェックしてみてください。

僕自身Anker製品を購入して

後悔がなかったのでオススメです。

 

また、なにかあれば追記したいなと思います。

ひとまずレビュー終わり!