スズミチのぶろぐ。。。|ゲーミングデバイス、ガジェットなどのレビュー

忙しい人へ。できるだけ短くまとめたゲーミングデバイス、ボードゲーム、ゲーム、ガジェット、音楽機材関係などのレビューブログです。好きなものをみんなと共有できたらうれしいです。

スズミチのぶろぐ。。。

 

★セール情報★

Amazonタイムセール祭り

9月24日(土)9:00~9月27日(火)

■セール予想■

楽天お買い物マラソン

10月4日(火)~10月11日(火)

 

【Anker Soundcore Liberty Air 2 Proのレビュー】ノイキャンやイコライザ設定など幅広い機能があるBluetoothイヤホン。(Androidは)LDAC対応の高音質!

スズミチです。

皆様いかがお過ごしでしょうか。

 

今回は2021年1月20日

Ankerから発売された

Soundcore Liberty Air 2 Pro

使用したので

そのレビューをしていきたいと思います。

 

 

 

Anker Soundcore Liberty Air 2 Proについて 

Soundcore Liberty Air 2 Proとは

Ankerから2021年1月20日に発売された

Bluetoothワイヤレスイヤホンになります。

 

クリアな音質に加えて耳検知機能

ノイズキャンセリング外音取り込み

ワイヤレス充電アプリでイコライザ設定

イヤホンのみ防水機能(防水等級IPX4)

おまけにイヤホンの外側と内側に

マイクがついていて機能が豊富です。

 

主な特長は下記の通りです。

①クリアな音質

10層のナノレイヤーによる高硬度の

PureNoteドライバーでクリアな音質を

作り出しています。

また片耳モードも対応しているので

使用の取り回しがしやすいです。

②専用アプリでイコライザ設定

専用アプリをインストールすると

プリセットなどで

イコライザモードを選択したり

自分自身で音作りが可能です。

③クリアな音声通話

ノイズリダクション機能を

搭載した6つマイクが(片側3つずつ)

周囲の雑音を除去し、クリアな音質で

Web会議や通話など会話することが可能。

④ノイズキャン、外音取り込み機能

専用アプリにて屋内、屋外など

自分のいる環境を選ぶと

最適なノイキャンを機能します。

また外音取り込み機能は
音楽を聴いていても、イヤホンをつけたまま

外の音を聞きやすくできます。

⑤短時間充電・長時間再生

ワイヤレス充電対応したイヤホンケースで

別売りのワイヤレス充電器に置くだけで

充電が可能です!

通常モードで最大7時間、

充電ケースを使用しながら使用すれば

最大26時間音楽再生が可能です!

また15分間の充電で

約3時間の音楽再生が可能です。

⑥イヤーチップの種類の豊富さ

9種類のサイズのイヤーチップから、

自分の耳のサイズにあわせて

細かくフィットさせることができます。

⑦耳検知機能

専用アプリにて耳検知機能をONにすれば

音楽再生中など音が鳴っている時に

イヤホンを外すと自動で一時停止される

機能が付いています。

⑧カラーバリエーション

カラーは下記の4種類です。

ブラック、ホワイト、ネイビー、ピンク。

f:id:suzumichi:20210627152450p:plain

スペック

製品名 Anker Soundcore Liberty Air 2 Pro
製品画像

       

イヤカップ形状 インイヤー カナル型
スピーカー形式 Anker 11mm ダイナミックドライバー
マイク あり(ハンズフリー通話可能)
周波数応答 20Hz - 20kHz
対応コーデック SBC / AAC
対応プロファイル A2DP, AVRCP, HFP, HSP
通信接続方式 Bluetooth 5
動作時間①
通常モード
 ・最大7時間 (イヤホン本体のみ)
※充電ケース使用時 最大26時間
動作時間②
ノイズキャンセリングモード
・最大6時間 (イヤホン本体のみ)
※充電ケース使用時 最大21時間
動作時間③
外音取り込みモード
・最大6.5時間 (イヤホン本体のみ)
※充電ケース使用時 最大23時間
充電時間 約1時間 (イヤホン) 
約1.5時間 (充電ケース *USBケーブル使用時) 
約2.5時間 (充電ケース *ワイヤレス充電器使用時)
付属USBケーブル USB Type C - USB Type A
ケースサイズ 60mm×57mm×27mm(スズミチ調べ)
イヤホンサイズ
※Mサイズにて測定
37mm×24mm×23mm ※一番長い箇所
37mm×24mm×7mm ※ロゴ記載部分厚さ
(スズミチ調べ)
機能 マイク付き(内側と外側両方に付いている)
ウルトラノイズキャンセリング
ワイヤレス充電
防水機能(イヤホンのみ/防水等級IPX4)
重量 約50g(イヤホン、ケース)
11g(イヤホン)
39g(ケース)
※スズミチ調べ
発売日 2021年 1月 20日
その他 イヤーピース9種類付属(1+8種類)
専用アプリでイコライザや外音取込ON,OFF切替可
片耳再生可能

Anker Soundcore Liberty Air 2 Proの開封と外観 

↓外観です。

f:id:suzumichi:20210627153004j:plain

↓ウラ面です。  

f:id:suzumichi:20210627153010j:plain

↓中身はこんな感じです。 

f:id:suzumichi:20210627153048j:plain

内容物

・イヤホン本体

・ケーブル(USB Type A - C ※約0.55m)

・ケース(充電器)

・イヤーピース(残り8種類)

・説明書

 

↓交換用イヤーピース残り8種類

f:id:suzumichi:20210627153113j:plain

↓イヤホンとケース、ケーブル(充電用)

f:id:suzumichi:20210628224141j:plain

↓充電はUSB Type C - USB Type A f:id:suzumichi:20210628224147j:plain

↓USB Type Cケーブルを接続して充電。

f:id:suzumichi:20210628224204j:plain

ケースはスライド式でオシャレです。

f:id:suzumichi:20210628224152j:plain

接続をしてみた

イヤホンを入れたまま

  ケースを開くと電源ONになります。

f:id:suzumichi:20210628224740j:plain

接続方法は上記のように

イヤホンを入れたまま

ケースを開けたままにしておき

使用したい端末にてBluetooth接続をする。

Soundcore Liberty Air 2 Proと表示される)

 

一度接続できると2回目以降は

ケースからイヤホンを取り出すと

自動接続できて、やめる時は

ケースにイヤホンを戻せば

Bluetooth接続は解除されます。

 

便利機能

イヤホンの

マークの部分を触るとできる機能

通常は下記のモードになっています。

・左2回タップ:次の曲へ

・右2回タップ:再生/一時停止

・左右2回タップ:着信に応答

・左右2秒長押し:通話終了

 

また下記アプリ内で

シングルタップ、ダブルタップ、

長押しなど自分の好みの設定ができます

 

Soundcoreを使ってみた

専用アプリをインストールすると

モード設定の変更

イコライザ設定

上記の便利機能などの設定が可能です↓↓

f:id:suzumichi:20210628230314p:plain

モード設定

ノイズキャンセリングモード

外音取り込みモードの変更ができたり、

 

イコライザ設定では

プリセットのものを選んだり

プロのカスタマイズイコライザ設定

もちろん自分で設定できたりもします。
 

感想-スズミチ切り- 

よかった!

・音質良し!専用アプリでイコライザ設定可能!

※Android限定でLDAC(ハイレゾ級高音質コーディック)対応

・イヤホンタップ機能を自分好みで設定可能!

・イヤーピースが多いので耳に合うものがある

・ノイズキャンセリングや外音取り込み機能がいい

・マイク音質は綺麗

音質はクリアでバランスがいい音です!

もちろんアプリで

イコライザ設定できるので

バランスを変えることもできます。

音質を低音重視にしたりなど

音はしっかり出てくれるので

聴いてて楽しかったです。

スマホゲームとかでも

このイコライザ設定が

結構活かせると思うのでオススメです!

 

また2021年9月のアップデート

Android向けでハイレゾ級の高音質、

「LDAC(エルダック」という

コーディックが対応になりました。

iphoneやipadなどのiOSはLDAC非対応

※LDAC ↓

ハイレゾ音源の定義の96kHz/24bitの

データ伝送に対応していて一般的な

コーディック(SBCなど)の約3倍の

データ量の転送を実現しているので

ワイヤレスイヤホンでも

高音質の音声を再生できる。

 

使っていて個人的に一番よかったのは

便利機能でタップ1回で〇〇

長押しで〇〇など

自分の好みの設定できるのは

かなり嬉しかったです。

メーカー変わったりすると

若干押す内容が変わったりするの面倒なので

これは地味に嬉しい機能です。

 

あとはイヤーピースが

複数のタイプがあるので

耳にすごいフィットしてズレ落ちないこと

僕、結構付けてるとズレ落ちるので

複数あれば、自分の耳に合わせられますので

ほぼ自分に合ったものを

見つけられる思います! 

 

それにノイズキャンセリングモードと

外音取り込みモードがいいです。

本格的に使うの初めてだったのですが

がっつり聴きたい時には

ノイズキャンセリングモード

外音がいい感じに遮断されて

音楽など音を聴き取りやすいです。

逆に移動中とかに聴きたい時は

外音取り込みモードにして

使い分けられるのですごくいいです。

 

またマイクワイヤレスイヤホンの中では

期待してなかったがゆえに音質がよかった

普通に通話で話したりする分には

結構綺麗に聞こえます!……が ↓↓↓

少し思うところ

・マイク音声に風切り音が乗る

※あくまでスポーツ中に通話する場合に限る

・イヤホンに触れて再生など便利機能を使う際に

 音や感触があってほしかった

スポーツ用のイヤホンではないので

仕方がないことなのですが

サイクリングのツーリングの会話

ランニングの時に使用したのですが

風が発生する時に風切り音

マイクにのってしまい会話が

若干聞きにくい時がありました。

(録音したら風切り音の方が音声が大きい)

…通常通話では全く問題ないので

あくまで通常使いのBluetooth

ワイヤレスイヤホンと考えてください(笑)

 

初期設定だと耳からイヤホンを外すと

自動で一時停止される

耳検知機能がONになっています。

アプリ内で探すと設定で装着検出という

項目があるのでそれでON、OFFの

切り替えができましたので

自動停止が嫌な人は

それでOFFしてみてください。

 

あとこれは好みの問題ですが

再生や一時停止とかの機能を

イヤホンに触るとできるんですけど、

感触も起動音も聞こえないので

(モードの切り替え時は音が出ますけど)

何かしらアクションがほしいと思いました。 

 

他の製品

イヤホンを何個かレビューしましたので

Anker Soundcore Liberty Air 2 Proと

比較した感想をざっくり下記に記載します。

Sennheiser CX 400BT

音質はこちらの方が

細かな音色がはっきりしている印象です。

しかしノイズキャンセリングや

イコライザ調整など設定ができないので

今回紹介した方がコスパ面はいいです。

Jabra ELITE 75t

Jabraの方が低音の効きがいいので

低音好きな人はこちらの方が

好みだと思います。

アプリでイコライザ設定もできますが

ノイズキャンセリング、外音取り込みは

Ankerの方が効きがいいです。

Huawei FreeBud 4i

クリアな音質でバランスがいいです。

アプリ内でイコライザ設定が

できるようですがバグによって

接続ができないので評価は保留中(笑)

コスト的にはAnkerより安いです。

Anker Soundcore Life P3

機能面がほぼほぼ同じで

耳検知機能が付いていませんが

今回紹介のSoundcore Liberty Air 2 Proより

少し安いのでこちらもオススメです。

まとめ

この価格帯で音質、機能考えたら

間違いなく買いの超コスパ

ワイヤレスイヤホンです!

機能が充実しすぎてますので

皆さんも使って堪能してみては

いかがでしょうか。

 

また、なにかあれば追記します。

ひとまずレビュー終わり!