スズミチのぶろぐ。。。|ゲーミングデバイス、ガジェットなどのレビュー

忙しい人へ。できるだけ短くまとめたゲーミングデバイス、ボードゲーム、ゲーム、ガジェット、音楽機材関係などのレビューブログです。好きなものをみんなと共有できたらうれしいです。

スズミチのぶろぐ。。。

 

★セール情報★

Amazonタイムセール祭り

9月24日(土)9:00~9月27日(火)

■セール予想■

楽天お買い物マラソン

10月4日(火)~10月11日(火)

 

【SOUNDPEATS Mini Proのレビュー】ハイレゾ級の音質のaptX Adaptive対応のBluetoothイヤホン【サウンドピーツ】

皆様いかがお過ごしでしょうか。

僕は100種類以上のゲーミングデバイスや

ガジェット関係を使用して 

レビューしているスズミチと申します。

 

今回は2022年4月22日

SOUNDPEATS(サウンドピーツ)から

発売されたMini Proを使用したので

そのレビューをしていきたいと思います。 

 

 

先に結論!

・バランスのいいサウンドで

 ボーカルの音が引き立つような音

・ハイレゾ級のaptX Adaptiveに対応

 (対応した端末が必要)

・コンパクトでフィット感がいい

・イヤホンをケースしまいやすい

・専用アプリがAndroidしか対応していないので

 iPhoneユーザーはイコライザ設定ができない

先にざっくり結論を書きました。

詳細は下記目次の感想に記載しています。

 

 

SOUNDPEATS Mini Proについて 

Mini ProとはSOUNDPEATSから

2022年4月22日に発売された

Bluetoothイヤホンになります。

 

主な特長は下記の通り。

①自然で繊細な音が楽しめる

植物由来の繊維から生み出される

バイオセルロースを利用した振動板を使い

自然で透明感がある立体サウンド

楽器の細やかなニュアンスも逃さず、

ボーカルも分離よく

明瞭に音が楽しめるよう

繊細で解像度の高い中高域

振幅の大きい低中音域も忠実に再現します。

②ハイレゾの主流コーデックaptX Adaptive対応

高音質aptX Adaptiveに対応していて

アルゴリズムに基づいて自動で

低遅延、高ビットレート、

低ビットレートモードの判断を

使用状況に基づいて自動で行われます。

室内や電車内など使っている環境や

電波状況、データ量に応じて

転送ビットレートを可変させることで、

安定して遅延の少なく

快適に使用することができます。

またAACコーデックも対応しています。

③高水準アクティブノイズキャンセリング(ANC)

ハイブリッド式ANC効果搭載していて

通常使用でも外部のノイズを

逆位相の波形でキャンセルして消音し、

最大35dBのノイズ低減性能を持ちます。

④cVc 8.0ノイズリダクション対応しWeb会議などでも活躍

最新のcVc 8.0ノイズリダクションに

対応していて通話中、周囲の音を検出して

ノイズを軽減することができ、

どんな騒がしい環境でも

お互いの声がクリアに聞こえます。

⑤バッテリー性能

バッテリーはANCなしで約7時間

ANCありで約5時間の使用が可能です。

また充電ケースを併用して使用すれば

約25時間(ANCなし)、約21時間(ANCあり)

使用することが可能です。

⑥その他

気になることがあれば

メーカーサイトを見てみてください。

スペック

SOUNDPEATS Mini Proの開封と外観 

↓外観です。

↓ウラ面です。  

↓中身はこんな感じです。 

内容物

・イヤホン本体(イヤーチップM)

・充電ケース

・充電ケーブル約0.2m(USB Type C - A)

・交換用イヤーチップ(SとL)

・説明書

外観

外観を見てみましょう!

↓購入時に充電部分にテープが付いている

充電ケーブルはUSB Type C - A(約0.2m)

↓イヤホン各アングル

↓充電ケース各アングル

↓充電ケースの中

↑磁力が強く、

 イヤホンがくっつきやすいです。

↓イヤーチップは全部で3種類

↓重量は下記の通り

↑イヤホンのみ:9g

↑ケースのみ:28g

↑イヤホン+ケース:37g

SoundPeatsアプリを使ってみた

22年8月時点ではiPhone版の

Soundpeatsアプリでは

ファームウェアのアップデート機能には

対応していないため使用はできませんが、

Android版ではファームウェアを更新すると

イコライザ設定やノイキャン、

外音取り込みの設定をすることが可能です!

 

↓Androidではファームウェアを更新すると

  イコライザなどカスタマイズができます。

イコライザ設定画面と製品情報

ゲームモードをONにすると

  低遅延モードになり

  タイムラグが少なくなります

感想-スズミチ切り- 

よかった!

・ボーカルが目立つような音質で

 周りの音も綺麗に鳴っている。

・aptX Adaptiveに対応している

・やや小さめの形状で耳へのフィット感がいい

・イヤホンをケースの収める時の磁力が強い

少し思うところ

・Androidしかイコライザ設定などができない

SOUNDPEATS Mini Pro

感想は上記の通り。

音質

ボーカルが目立つように

中高音域がしっかり鳴りながら

低音がほどよく

ズンズン鳴っている印象で、

Bluetoothコーデックも

aptX Adaptiveが対応しているので

ハイレゾ級の音質で楽めます。

また22年8月時点ではAndroidのみですが

専用アプリにてイコライザ設定や

音量、ノイキャンとヒアスルーを

アプリ内で行うことができるので便利です!

この価格帯では充分すぎる音質ですが、

超高音質を求めている人には

もう少し価格帯を上げて検討するのが

オススメです。

SONY wf-1000xm4などがオススメ

マイク音質

変なノイズなども入らず、

Bluetoothイヤホンというくくりでは

無難に使用できる音質です。

(可もなく不可もなくという印象です)

使いごごち

耳にスッポリ収まるくらいの大きさで

イヤーチップも3種類あり

自分の耳に合わせて選べば

ズレ落ちにくく普段音楽で使うのにも

スポーツでも問題なく使える形状です!

またイヤホンをケースに戻す際、

磁力の効きがいいのでスポッと

ケース収まりやすいので

即座にしまいたい時などにも便利です!

機能面

イヤホンのタップ操作でノイキャン

ヒアスルー(外音取り込み)を使用できます

効きとしては

効果がわかるくらいのレベルで

無難に効いているイメージです。

(価格が高い上のグレードのイヤホンより

 強くは効きませんが値段相応には効いています)

Androidではアプリ内のタップ操作で

ノイキャン、ヒアスルーの機能が

使えますが押してから切り替わるまで

ややもたつきがあるのが気になりました…。

まとめ

コスト面、機能面、音質面を考えると

気軽に使うには充分すぎるイヤホンでした。

音質にこだわったり、

ノイキャン性能がより強いもの…など

強いこだわりがなければ

オススメできるイヤホンです!

 

また、なにかあれば追記します。

ひとまずレビュー終わり!