スズミチのぶろぐ。。。|ゲーミングデバイス、ガジェットなどのレビュー

忙しい人へ。できるだけ短くまとめたゲーミングデバイス、ボードゲーム、ゲーム、ガジェット、音楽機材関係などのレビューブログです。好きなものをみんなと共有できたらうれしいです。

スズミチのぶろぐ。。。

 

◇セール予想◇

Amazonタイムセール

12月中旬

★セール情報★

楽天スーパーセール

12/4(日)20:00~12/11(日)01:59

 

【boco Peace SS-1 黒のレビュー】スポーツやWeb会議など仕事でも使える完全ワイヤレス骨伝導イヤホン。音質や使いごごちの感想など 【ボコ】

皆様いかがお過ごしでしょうか。

僕は100種類以上のゲーミングデバイスや

ガジェット関係を使用して 

レビューしているスズミチと申します。

 

今回は2022年8月26日

boco(ボコ)から発売された

Peace SS-1 骨伝導イヤホンを使用したので

そのレビューをしていきたいと思います。

先に結論!

・中高音域が綺麗に出ていて低音が弱め

(骨伝導の機構上、低音が弱めに聴こえやすい)

・取れにくく、側圧弱めで長時間付けていられる

・耳に付けるタイプなので脳に響かず、

 長時間使っていても頭がクラクラしにくい

・音量を上げると音漏れ、

 周りの音が大きいとイヤホンの音は聞こえにくい

・再生や停止などは押すタイプで

 押し方が特殊だがが誤操作しにくく使いやすい

・バッテリー駆動が長くていい

・IPX7の防水性能

先にざっくり結論を書きました。

詳細は目次の感想に記載しています。

 

 

 

たくさん音楽を聴きたい場合
サブスク払い、聴き放題の
mazon musicがオススメ

 

boco Peace SS-1について 

Peace SS-1とはboco(ボコ)から

2022年8月26日に発売された

ワイヤレス骨伝導イヤホンになります。

 

Peace SS-1は骨伝導イヤホンになるので

耳の穴にイヤホンを付けず

耳に挟むタイプなので⿎膜で聴かず

開放的に音を拾うことができます。

 

主な特長は下記の通りです。

①bocoの最先端純骨伝導

東京の⾃社⼯場で量産化したbocoの

純⾻伝導振動⼦技術を搭載していて

独⾃の測定技術で測定した

振動周波数帯域は4〜40KHz

他の⾻伝導イヤホンと⽐べると

広い帯域を実現しています。

また⽿を塞がないイヤーカフ型の

イヤホンになっているので

スポーツ中や仕事など

周りの音を阻害することなく、

音を聴くことが可能です。

②フィット感

様々な⽿の形に対応できるように

U字の滑らかな曲線の形状をしていて

⽿への圧迫感が減り⻑時間の装着でも

快適に使うことができます

またチタン芯材を採⽤したことにより、

柔軟性とホールド感の両⽴しています。

③ノイズキャンセリングマイク

バージョンCVC8.0の通話用

ノイズキャンセリングに対応しているので

仕事などでのオンライン会議でも

綺麗な通話品質で話すことができます。

④aptX Adaptiveに対応

aptX Adaptiveという音質の高い

オーディオコーデックに対応していて

低遅延で⾼品質の⾳声データを

イヤホンに飛ばすことが可能です。

aptX Adaptiveを使う場合は

 対応した機器で使用する必要あり

⑤急速充電と長時間の使用が可能

フル充電されている場合、

約8時間の連続使⽤が可能です。

また急速充電にも対応していて10分の充電で

最大4時間連続使⽤が可能です。

※クレードル(充電ケース)と併用で最大24時間使用可

⑥感圧式ボタン

誤動作の防⽌ためタッチボタンではなく

前後をイヤホンを押し込む感圧式を

採⽤しているイヤホン

再⽣や停⽌、音量調整、曲送り戻しなど

操作をイヤホン本体で⾏うことができます。

⑦IPX7の防⽔性能

水深~1m程度に30分浸かっていても

問題ないIPX7防⽔性能なので、

汗や⽔にも強くスポーツ中にも

気軽に使用することができます。

⑧カラー

カラーバリエーション黒と白の

2種類ラインナップされています。

⑨その他

気になることがあれば

メーカーサイトを見てみてください。

スペック

boco Peace SS-1の開封と外観 

↓外観です。

↓ウラ面です。  

↓中身はこんな感じです。 

内容物

・イヤホン本体

・充電ケース(クレードル)

・充電ケーブル約0.75m(USB Type C -A )

・説明書

外観

外観を見てみましょう!

↓イヤホン各アングル1

↓イヤホン各アングル2

↓充電ケース各アングル

↓充電ケースの中

↓重量を測ったら下記の通り

左:イヤホン2つ 15g

中:ケースのみ 53g

右:イヤホン+ケース 68g

接続と装着

接続をしてみました。

ケースから取り出すと

振動しペアリングします。

※特に光ったりはしません。

※アプリは現時点ではありません。

↓装着イメージ

Peace SS-1のサイト画像を引用

感想-スズミチ切り- 

よかった!

・中音~高音域が綺麗に出ている印象

・耳に取り付ける骨伝導イヤホンなので取れにくく

 側圧が弱めで長時間付けていられる

・イヤホンに付いているボタンは

 感圧式(押すタイプ)のため誤操作しにくい

・充電ケースを使えば最大24時間、

 急速充電10分で最大4時間使用できる

・IPX7の防水性能なので

 スポーツ中の汗や突然の雨にも問題ない

少し思うところ

・周りの音が大きすぎると音が聴こえにくい

・デフォルトでは低音域が少し弱め

(骨伝導イヤホンの構造上のため、そう感じる)

・音量が大きいと音漏れする

boco Peace SS-1の感想は上記の通り。

音質と音量など

音質の感想としては

全体的にバランスよく綺麗な音が出ていて

特に中音~高音域が目立ち

ギターのチャキチャキした音

ボーカルの高音域

綺麗に出ている印象でした。

一方で骨伝導イヤホンのため

耳の穴ほど低音を強く拾えないため

普通に聴いていると低音が弱く感じます

(そのため耳を塞いで骨伝導イヤホンを聴くと

 結構低音は響く印象です)

 

音量については少し弱めと感じます

耳の穴では音を聴かず

耳の穴は空いていて

外の音も聴こえてしまうため

音が小さいように感じました

かといって音量を上げすぎると

音漏れをしてしまうので

気にしなければ問題ありませんが、

聴きすぎて耳を傷めている人や

ライトに聴く人には

オススメではありますが、

がっつり音楽を楽しみたい人には

耳の穴で聴くBluetoothイヤホンや

ヘッドホンなどで

音楽を楽しむのがオススメです。

マイク音質

クリアで綺麗が音が出ています

スポーツ中のとっさの通話であったり

Web会議等の仕事でも

充分に使えるクオリティです。

(マイク穴は外側のロゴ部分の箇所の上下に付いている)

 

ちなみに外での使用の際外の音

大きいと音を拾いやすい傾向です。

そのためロードバイクなどサイクリングで

高速巡航しているとまぁまぁ風の音を拾うのと

空いている耳から風が入るため

トランシーバー代わりに使うのには

あまりオススメできません。

※骨伝導イヤホンでトランシーバー代わりにしたいなら

 Shokz OpenRunの方が個人的にはオススメです。

↑個人的には長時間付けていると

  骨から頭に響き頭痛気味になります…。

使いごごち

耳に挟みこんで使うタイプのイヤホン

いい感じの強さで挟み込んでくれるので

ズレにくく取れにくかったので

ランニングなどスポーツで使用しやすいです。

また耳の穴に取り付けるタイプではないので

耳への負担が少なく長時間付けていられる

イヤホンでした。

また頭蓋骨付近に取り付ける

骨伝導イヤホンは長時間聴くと脳に響き、

逆に頭がクラクラしてしまう時がありますが

Peace SS-1は耳に挟むタイプなので

長時間使っていても頭など痛くならなくて

使いごごちがよかったです。

機能面

再生や停止などのスイッチは

イヤホンの前後の部分を挟むように押すと

カチっと電子音が鳴って機能するので

タッチ式のイヤホンと比べて

誤動作しにくい設計がされており

多少慣れは必要ですが、

個人的にも使いやすかったです。

 

またバッテリー駆動も優秀で

充電ケースを使えば最大24時間

急速充電にも対応していて10分で

最大4時間使用できるので

スポーツや仕事などで

長時間使うのにも便利でした。

 

ちなみにIPX7※の防水性能なので

スポーツ中の汗や突然の雨にも

問題ない性能をしているため

気軽に使用することができます。

※水深~1m程度に30分程度浸かっても問題ないぐらい

まとめ

スポーツやWeb会議など

仕事に使うのはもちろん

耳への負担を軽減したい人に

かなりオススメの骨伝導イヤホンです。

 

一方で骨伝導イヤホンの構造上、

がっつり音楽を聴きたい人には

不満が残ると考えるため

音質を重視している方には

オススメできません。

 

また、なにかあれば追記します。

ひとまずレビュー終わり! 

 

 

↓高音質で機能豊富で使いやすい。

↓骨伝導ではないがこれも耳を塞がないタイプ

↓音楽制作で使うものだが普段使いにもいい

↓音質よくてLDACにも対応している